このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 年間の活動 : 平和・文化・教育運動
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 冬Selection
池田先生の詩を美しい映像に載せて配信する「希望の譜」。冬におすすめの5本を厳選しました。
画像  SOKAチャンネル:ネットでVOD
SOKAチャンネルVODの番組から、特選した数本を期間限定でネット配信しています。
画像  仏教ものがたり 大聖人の弟子篇
SOKAnetムービーで配信する動画から「日蓮大聖人の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

創価学会について

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

年間の活動


平和・文化・教育運動

創価学会は、日蓮大聖人の仏法の理念を基調に平和・文化・教育の運動を多角的かつ広範に展開するとともに、人類普遍のヒューマニズムの哲学を探究し、平和のための善の連帯を世界に広げてきた。今後も各国のSGIと協力し、人類的諸課題解決のため、公共的役割を果たしていく。

なかんずく、池田大作先生の「日中国交正常化提言」50周年となる2018年は、中国をはじめアジア各国・地域の友好に注力する。

また、以下の取り組みを、女性や青年によるリーダーシップを最大に尊重しながら、SGI国連事務所(ニューヨーク、ジュネーブ)や関連団体をはじめ、国連諸機関、非政府組織(NGO)、信仰を基盤とした団体(FBO)等とも連携・協力して力強く推進する。

1.「平和の文化」構築に幅広く貢献

紛争の暴力化の予防と再発防止のために、創価学会は国連機関等とも協力して、「平和の文化」を構築する取り組みを引き続き幅広く展開する。そして、「対話」を通した啓発、人と人とのネットワークの拡大など、一人一人の平和への取り組みを支援する。

1. 国連の「平和の文化」ハイレベルフォーラム(年次会合)に貢献
2. 女性平和委員会は、「平和の文化フォーラム」「平和の文化講演会」を開催
3. 高齢社会の世界的先例である日本の課題を踏まえ、高齢者や子どもの人権と希望ある生活について考える「平和の文化と希望展」を各地で開催
4. 日本・アジアをはじめ全世界の戦争犠牲者を追悼し平和への誓いを新たにする「世界平和祈念 戦没者追善勤行法要」を実施
5. 戦争・被爆体験の継承活動を推進
6. 青年部「SOKAグローバルアクション」キャンペーンの一環として、広島・長崎・沖縄の青年部を中心とした「青年不戦サミット」を開催
7. 戸田平和記念館(横浜市)、沖縄研修道場などで平和意識の啓発活動を実施
8. 日中友好を次世代に継承させるため、青年交流を促進するとともに、「国交正常化提言50周年記念シンポジウム」等を開催
9. 平和構築の議論に青年の参画を求める国連安保理2250決議の普及を支援
10. 21世紀の国際社会に即した平和倫理、生命倫理の構築のための研究を推進
11. 東洋哲学研究所、池田国際対話センターとも協力し、宗教間・文明間対話や相互理解を促進
12. 民音研究所による「平和構築の音楽」を探求する研究活動を支援
2.「絶対悪」である核兵器の廃絶に向け連帯を拡大

歴史的な「核兵器禁止条約」の採択により、核兵器廃絶への挑戦は新たなステージに入った。2018年は「核軍縮に関するハイレベル会合」が国連で開催予定となっており、核兵器のない世界へ前進する上で、重要な局面を迎える。核兵器が「絶対悪」であることを一貫して訴えてきた池田先生の平和理念を基調に、創価学会は引き続き、各国SGIならびに他の団体と協力し、「核兵器禁止条約」の普及を推進する。また、平和・軍縮教育を草の根レベルで推進する。

1. 核兵器に関する各種国際会議に参加し議論に貢献
2. 核兵器の禁止と廃絶を訴える宗教コミュニティーの取り組みを推進
3. 「核兵器禁止条約」に関する新しいアニメーション映画を活用し、条約の普及を推進
4. 「核兵器なき世界への連帯」展や「核兵器廃絶への挑戦」展を各地で開催
5. 女性平和委員会は、ヒロシマ・ナガサキの被爆体験の映写会を草の根で展開
6. ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える「ヒバクシャ国際署名」に協力
7. 核兵器廃絶を求める青年の国際ネットワーク「アンプリファイ」の取り組みを支援
8. 戸田記念国際平和研究所による核兵器廃絶へ向けた研究を支援
3.多様性を尊重する社会へ「人権文化」を建設

世界各地で、ヘイトスピーチ(憎悪表現)や移民排斥など、少数者を非寛容に差別する事例が多発している中、人権について学び、理解を深め、人権を尊重する価値観を育むとともに、必要な行動を促す人権教育は、一層その重要性を増している。特に「世界人権宣言」採択より70周年を迎える2018年は、国際人権の前進に貢献するとともに、幅広い教育・啓発活動に一層注力する。

1. 「変革の一歩——人権教育の力」展の国際巡回を進めるとともに、関連のウェブサイトを制作
2. 人権教育の促進のため、国連人権理事会の討議に貢献
3. ジェンダー平等促進のため、国連女性の地位委員会への貢献を継続
4. 人権教育映画「尊厳への道」の上映会を開催
5. 「勇気の証言——ホロコースト展」巡回を支援
6. 青年平和会議を中心に、人権や難民問題について考えるための連続セミナー等を開催
7. 生命尊厳の立場から、死刑廃止に関する意識を啓発
4.市民社会の一員として、持続可能な開発目標(SDGs)達成を支援

2015年に国連で採択された、国際社会の2030年に向けての指標である「SDGs(持続可能な開発目標)」では、「誰も置き去りにしない」との、仏法の生命尊厳・平等観にも通ずる誓いが掲げられている。この誓いを忘れることなく、SDGsの精神性を強めながら、その普及と推進に積極的に貢献する。

1. 「持続可能な開発のための教育」(ESD)の活動として、「わたしと地球の環境展」「希望の種子」展を引き続き開催
2. SDGsに関する新展示の制作および巡回を支援
3. 他のFBO等と連携して、「SDGs体験談集」(仮称)の作成を支援
4. 地球憲章インタナショナル等と連携し、SDGs啓発アプリ「マプティング」を用いての「SDGs写真展」(仮称)の開催を支援
5. 女性平和文化会議などによるSDGsに関するセミナー等を開催
5.信仰を基盤とした地域のネットワークを生かし、人道活動を展開

自然災害の頻度や被害が増大する中、信仰を基盤とした地域のネットワークが緊急時に大きな力を発揮することが、国際的に注目されるようになっている。対応力を強め、復興支援を一層推進するとともに、国連をはじめ多様な組織との連携を強化する。また、深刻化する難民問題について意識を啓発するとともに、難民支援に取り組む。

1. 東日本および熊本での被災体験の聞き取り活動を推進。復興支援のため、「生命のかがやき」展や「希望の絆」コンサートを開催。「東北福光みらい館」での情報発信を強化
2. 創価学会および各国のSGIによる災害救援や復興支援の経験を生かし、国連機関等の防災の取り組みへの議論に貢献
3. 自然災害等の緊急時における支援のあり方をさらに効果的なものにする研究を推進
4. 難民問題に関する意識啓発のため、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や国連UNHCR協会と協力し、難民映画の上映会を開催
5. 難民の子どもたちの教育を支援
6. 社会本部各部、地域本部各部は、個人の活動を通して、地域社会の発展と向上に貢献
6.世界の多彩な文化を市民社会と共に享受

グローバル化が進展する現代社会にあって、各国・各地域固有の文化を守り育む活動や、それらを市民社会と共有するための多彩な活動を推進する。また、それを担う人材の育成にも継続して取り組む。

1. 多彩な展示を開催
宇宙との関わりを通じて「地球人」としてのあり方を問い直す「わたしと宇宙展」
子どもから高齢者まで「読んで」「語って」「参加」できる「絵本とわたしの物語展」
社会に広く「活字文化」の重要性を伝える「世界の書籍展」
写真文化の普及、向上を目的とする「自然との対話」写真展
2. 全国主要会館の「創価ライブラリー」の充実と多彩なイベントで、良書との出合いを促進
3. 民主音楽協会による、多角的な音楽文化活動と各国との文化交流を支援
4. 東京富士美術館による、国内外における文化の相互交流の活動を支援
5. 東洋思想、なかんずく仏教の思想・哲学の研究および関連の学際的研究を推進する東洋哲学研究所を支援
6. 文化本部各部、国際本部各部は、個人の活動を通じて文化・学術の振興に貢献
7. 各地の音楽隊、鼓笛隊、合唱団は、演奏活動を通じて地域社会の活性化に貢献

7.「教育のための社会」実現へ人間主義の運動を推進

社会全体の教育力向上のために、「教育のための社会」への転換を図るべく、幅広い運動を推進する。

1. 教育本部は「人間主義」の教育運動を展開
教育者と地域社会の教育力向上のために、人間教育実践報告大会、教育フォーラム等を開催
各地で家庭教育セミナーや家庭教育懇談会等を開催して、家庭教育の向上に貢献
2. 辺地や離島などへの図書贈呈を推進
3. 世界市民の育成を目指す創価大学、アメリカ創価大学、創価学園を支援
4. 創価教育に関する国際学術交流を支援
5. 世界各地の学術機関に設置されている池田思想研究機関と連携
6. 教育の振興を通して青少年の健全な育成を図る牧口記念教育基金会の活動を支援
7. 平和委員会は、平和、人権、持続可能な開発、人道、世界市民教育等の分野において、展示やワークショップなどの教育ツールを通し、草の根の平和教育を展開
8. 各地で任意に活用できる平和教育の学習教材を、SOKAチャンネルVOD等を通じて提供
戻る
次へ