このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 夏休み企画 宇宙
「誕生日の月」「宇宙クイズ」、動画など、家族で楽しめる「宇宙」特集!
画像 SOKAグローバルアクション紹介
2014年にスタートした創価学会青年部の平和運動「SOKAグローバルアクション」を紹介!
画像 研修道場自由見学会
2014年8月4日より実施される、「研修道場自由見学会」のご紹介。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
東日本大震災への取り組み

会員サポート

教学基礎情報

  • 日蓮大聖人のご生涯
  • 代表的な御書
  • 立正安国論
  • 開目抄
  • 観心本尊抄
  • 撰時抄
  • 報恩抄
  • 代表的な門下
  • 一念三千の法理
  • 仏法の実践
  • 宿命転換の原理
  • 宗教を考える基準
  • 法華経について

代表的な御書

開目抄

文永9年(1272年)2月、日蓮大聖人が51歳の時、佐渡御配流中に塚原で御述作、門下一同に与えられた書です。上下二巻からなり、五大部、十大部の一つです。観心本尊抄が法本尊開顕の書であるのに対して、開目抄は人本尊開顕の書であり、教行証に配すると、開目抄は一代の諸経の勝劣浅深を判じ、五段の教相を説いているので教の重に配されます。
日蓮大聖人が文永8年9月12日に竜の口の法難、ついで同10月に佐渡配流になると、弟子檀那に対しても迫害が襲いかかったために、ある者は耐えず、ある者は諸天の加護なきを疑い、ある者は大聖人が法難に遭われたことに不信を起こすなど、退転する者が続出しました。そのため大聖人は門下の疑いを解き、かつ末法の御本仏であることを宣言なさるため本抄をしたためられたのです。
文永8年11月から起草、翌文永9年2月に完成されて、有縁の門下のなかにも特に四条金吾に与えられました。
開目抄は、末法下種の人本尊をあらわすために、初めに主師親の三徳を尊敬すべきを標し、次に儒外の三徳を挙げ、次に内典の三徳を釈し、一代聖教の浅深を判じて熟脱の三徳をあらわしています。次に大聖人こそ真実の法華経の行者であることを明かして下種の三徳をあらわし、最後に「日蓮は日本国の諸人にしうし父母なり」(御書237ページ)と本抄の元意を結ばれ、日蓮大聖人御自身が寿量文底の主師親三徳を具えた末法の御本仏であることを明らかにされています。
また、本抄で一代諸経の浅深を判ずるのに五段の教相、すなわち五重相対を説かれています。

前へ 次へ

このページのトップへ