このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 さくら便り
さくら前線到来!全国の会館に咲く桜を順次紹介していきます。今年の「青年桜」の様子や壁紙も。
画像 音楽隊コンサート
結成60周年を迎える音楽隊のコンサートをSOKAnetで配信!
画像 仏教ものがたり
14文字の言葉さえ覚えられない須梨槃特。果たして仏道修行をやり抜くことができるのでしょうか。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
東日本大震災への取り組み

会員サポート

教学基礎情報

  • 日蓮大聖人のご生涯
  • 代表的な御書
  • 代表的な門下
  • 一念三千の法理
  • 仏法の実践
  • 宿命転換の原理
  • 宗教を考える基準
  • 法華経について
  • 釈尊
  • 法華経とは
  • 法華経のあらすじ
  • 諸法実相
  • 開三顕一
  • 虚空会
  • 久遠実成
  • 結要付嘱
  • 不軽菩薩
  • 七譬

法華経について

法華経とは

釈尊の説いた仏教の教えは、さまざまな経典として残されていますが、「万人の成仏」を実現する完全な教えを説いた経典が「法華経」です。他の経典は部分的な教えにとどまっています。例えば、爾前経(=法華経以前のさまざまな経典)では、声聞・縁覚の二乗や、女人や悪人は成仏できないと説き、一切衆生の成仏を明かしていません。
法華経は八巻二十八品(章)から成り立っています。 天台大師(=6世紀の中国で法華経を宣揚した人)は、この二十八品のうち、前半十四品(序品第一~安楽行品第十四)を「迹門」、後半十四品(涌出品第十五~普賢品第二十八)を「本門」と分類しました。

前へ 次へ

このページのトップへ