1. 名前からうかがえる深い意味

2.南無妙法蓮華経

名前からうかがえる深い意味

南無妙法蓮華経という名前それ自体から、根源の法の深い意味がうかがえます。
妙法蓮華経とは、法華経の詳しい名前です。
法華経で示される根源の法は、なかなか理解しがたい不思議な法であるので「妙法」と呼ばれます。
妙法の特質を理解するための譬えとなるのが、植物の「蓮華(ハス)」です。
たとえば、蓮華は、泥沼に生えても、それに染まらず、清らかで香り高い花を咲かせます。それは、妙法を信じ、実践する人が、苦悩渦巻く現実世界に生きながら、清らかな心と行動をたもち、人々を教え導くことを思い浮かばせます。
また、蓮華は、他の花とは違って、つぼみの段階でも花びらの中に果実である蓮台があり、花びらと実が同時に生長し、花が開いて実が現れた時も花びらがあります。原因である花と結果である実が倶にあり、同時です。
これは、まだ仏の境涯(仏界)が開き顕されていない凡夫の段階でも、仏の境涯は見えないけれども厳然と具わっていること、さらに、仏となっても凡夫の生命境涯が失われないということを示します。
このように、蓮華は妙法の特徴を理解するための譬えとなっています。
そして、妙法は、永遠の真実を明かすものであるので、「経」として尊重され信仰されるのです。
また「南無」というのは古代インドの言葉の音を漢字で写したものですが、その意味を取って「帰命」とも訳されます。「帰命」とは、身も心も帰依する、全身全霊で教えを実践し体現するという意味です。
南無妙法蓮華経は、あらゆる人々を救おうとする仏の慈悲と智慧の生き方が結晶した、仏の心そのものです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE