1. 凡夫も本来は妙法そのもの

2.南無妙法蓮華経

凡夫も本来は妙法そのもの

また、凡夫すなわち普通の一人ひとりの生命にも、仏界(仏の生命境涯)は厳然と具わっています。本来は、私たち一人ひとりも南無妙法蓮華経そのものです。
ところが、凡夫は、その生命の真実を自覚していないため、内なる根源の法である南無妙法蓮華経の力とはたらきを発揮させることができていないのです。
この真実を覚っている状態が仏であり、この真実を信じられず、迷っている状態が凡夫なのです。
ですから現実には、南無妙法蓮華経を信じ、実践する時に、妙法の力とはたらきが現れるのです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE