仏教の人間主義の系譜

三宝

創価学会は、釈尊以来の仏法の正統を現代に受け継ぐ団体です。
「仏」と「法」と「教えを実践する人々」を大切に敬うことは、仏法者の基本です。それゆえ、これらをそれぞれ仏宝・法宝・僧宝とたたえ、三つ合わせて三宝と呼びます。
仏宝とは、教えを説く仏です。法宝は、仏が説く教えです。僧宝とは、教えを信じ実践する人々の集いです。
現代日本では、男性の出家者のみを僧と呼びますが、「僧」は、僧伽の略で、〝集い〟を意味する古代インドの言葉「サンガ」に漢字を当てたものです。意味をとって「和合」と訳され、二つ合わせて「和合僧」とも言います。
長い歴史を持つ仏教では、時代や社会の変化により、必要性に応じて、さまざまな教えが広められて、人々を教え導いてきました。
それぞれの教えに基づいて、尊崇する三宝の内容も異なっています。
日蓮大聖人の下種仏法において尊崇する三宝とは、生命の根源の次元である久遠元初の三宝です。「久遠元初」とは〝久遠の過去から永遠の未来まで常に〟という意味です。実践に即していえば、凡夫が妙法を自身の生命に開き顕す根源の成仏の時を意味します。「久遠元初の三宝」とは、私たちの成仏のために永遠に尊崇する三宝です。
久遠元初の仏宝は、凡夫の身に成仏の根源の法を開き顕された久遠元初の自受用報身如来であられる日蓮大聖人です。
久遠元初の法宝とは、大聖人が万人成仏の法として説き示された南無妙法蓮華経の御本尊です。
久遠元初の僧宝とは、この仏宝と法宝を護持し正しく伝えた日興上人です。
以上が、下種仏法で尊崇の対象となる三宝です。
この三宝に南無することによって、下種の利益を得て、成仏が可能となります。
「南無」とは古代インドの言葉で、「帰命」などと漢訳されます。身も心も従い基づいていくこと、全身全霊で信じ根本としていくことです。
尊崇の対象となる三宝を正しく護持して伝え広める人々の集いも、広い意味での僧宝です。今日では、日蓮大聖人の御心と御振る舞いを継承し、世界広宣流布を推進している創価学会が、僧宝に当たります。

  • facebook
  • twitter
  • LINE