4.宿命転換

(1)宿命転換

人生の悩みや苦難は、さまざまです。そのなかには、今世の自分自身の行動や判断が原因になって現れるものもありますが、なかには、今世に原因を見いだすことができないものもあります。〝自分は何も悪いことをしていないのに、なぜ、このような苦しみを受けなければならないのか〟と思うような苦難に直面する場合もあります。
仏法では、このような苦難は、過去世において自分が行った行為(宿業)の結果が今世に現れたものであるととらえます。
「業」とは、もともとは「行為」を意味する言葉です。今世の幸・不幸に影響力をもつ過去世の行為を「宿業」といいます。宿業には、善と悪の両方がありますが、今世の苦悩をもたらす過去世の悪業を宿業という場合が多いといえます。
仏法では、〝三世の生命〟、あるいは〝三世の因果〟を説きます。すなわち、生命は今世だけのものではなく、過去世・現在世・未来世の三世にわたるものであり、過去世の行為が因となって、現在世(今世)の結果として現れ、また、現在世の行為が因となって、未来世の果をもたらすと見るのです。
過去世に悪因があれば、今世に苦果(苦悩に満ちた結果)があり、善因があれば、楽果(福徳あふれる安楽の結果)があるとするのが、仏教一般で言われる因果です。
しかし、これでは、現在の苦しみの原因はわかっても、それを今世において、ただちに変革することはできず、未来世にわたって、生死を繰り返しながら、一つ一つの悪業の罪を清算していく以外に、道はないことになります。このように、宿業の考え方は、往々にして、希望のない宿命論に陥りやすいのです。
これに対して、「宿命の転換」を説くのが、日蓮大聖人の仏法です。
大聖人は、「佐渡御書」の中で、御自身が大難を受けているのは、仏教で一般に言われる通常の因果によるものではなく、過去において法華経を誹謗した故であると述べられています(960㌻)。
これは、万人成仏、人間尊敬、自他共の幸福を説ききった正法である法華経を誹謗すること、すなわち謗法(正法を謗ること)こそが根本的な罪業であり、あらゆる悪業を生む根源的な悪であるということを教えられているのです。
この正法に対する不信・謗法という根本的な悪業を、正法を信じ、守り、広めていくという実践によって、今世のうちに転換していくのが、大聖人の仏法における宿命転換です。そして、その実践の核心が、南無妙法蓮華経の題目です。
大聖人は、「衆罪は霜露の如く 慧日は能く消除す」(法華経724㌻)という普賢経(法華経の結経である観普賢菩薩行法経)の文を引いて、自身の生命に霜や露のように降り積もった罪障も、南無妙法蓮華経の題目の慧日(智慧の太陽)にあえば、たちまちのうちに消し去ることができると言われています(786㌻)。
御本尊を信受して、自行化他にわたる唱題に励み、自身の胸中に太陽のような仏界の生命が現れれば、さまざまな罪業も霜露のように消えていくのです。

  • facebook
  • twitter
  • LINE