Poem Collection 06 21世紀を舞う「女性の世紀」を謳う

池田大作

太陽の光は勝利の空に昇った。 若さは希望である。力である。 若さに生き 若さを知り 若さを発揮した人は 人生の究極の道を 天使のごとく 誇り高く歩み綴っていく 至福の人だ。 輝く月光のように 清らかな乙女たちの瞳よ! 青春の瞳は あまりにも美しい。 この光を 濁らせてはならない。 人生の目的は幸福になることであると私は明快に知った。 私たちが 行く所 向かう所で 試練の風が吹く。 それは 勝利の風である。 至る所で 幸福への戦闘を 継続する。 それは 私の魂の勝利の証だ。 幸福は 人が決定するものではない。 自分の権利である。 強く正しく 生き抜いた人の 最高の勝利の栄冠なのだ。 人が幸福そうに見えるのは 影である。 影に自分が翻弄されるのは 愚かである。 自分自身が幸福と思える 境涯を創るのだ。 前へ! 貴女よ 前へ行け! 何ものをも乗り越えて 愉快に前へ進め! 自分自身の勝利を 自分自身で勝ち取るのだ。 一人も残らず 断じて幸福に なりゆかれることを! 一人ももれなく 悔いのなき 勝利と栄光と幸福の 一生であられんことを! 父も 母も そして私も 祈らずにはいられない。