人間革命

小説『人間革命』は、1964年12月2日、執筆が開始されました。

小説『人間革命』は、1964年12月2日、執筆が開始されました。ここでは、『人間革命』に込められた「平和」への思いに光りを当てながら、『人間革命』、『新・人間革命』の名場面や識者から寄せられた声を紹介します。

人間革命とは

小説『人間革命』とは、恩師・戸田城聖先生の精神を後世に伝えようと、池田大作先生が書き綴った大河小説である。文中、戸田の弟子として登場する「山本伸一」は、池田先生をモデルとして描かれている。

物語は、戸田城聖という一人の人間の半生と、その弟子である山本伸一の師弟の闘争を軸に、創価学会の歴史を戦後史に位置づけながら綴られていく。

1964年12月2日、凄惨な地上戦の舞台となり、戦争で最も民衆が苦しめられた沖縄の地で、世界平和を願い、執筆を開始。翌1965年の元日より、聖教新聞紙上に連載が始まった。

▲この動画は、会館等で視聴できるSOKAチャンネルVOD「~恩師の「真実」を 後世に~ 小説『人間革命』の執筆」の予告編です。

『新・人間革命』

▲海外13言語にわたって翻訳されている『新・人間革命』

『人間革命』全12巻の執筆、連載が終了すると、名誉会長は「恩師の精神を未来永遠に伝えゆくには、後継の『弟子の道』を書き残さなければならない」と、続編の執筆を決意。

続編となる『新・人間革命』は、広島に原爆が投下されてより48年となる1993年8月6日、軽井沢の地で執筆に着手し、11月18日から連載を開始。山本伸一の、師弟の誓いに貫かれた世界広布への大闘争が綴られていく。

現在、『人間革命』は海外9言語に、『新・人間革命』においては、13言語にまで翻訳・出版されている。また、新聞小説の長期連載としては、『人間革命』『新・人間革命』を合わせ、日本一の連載回数を更新中である。

試し読みコーナー

人間革命

「はじめに」を試し読みする

「黎明の章」を試し読みする

SOKAオンラインストア

希望の譜

『新・人間革命』雌伏の章で綴られた詩を「希望の譜」として紹介します。