復興への取り組み

未来に向かって

青年世代による聞き取り活動や復興イベント、東北から世界への発信など、震災の教訓を未来へいかせるように取り組んでいます。

東北福光みらい館

「東北福光みらい館」は、東日本大震災から6年目の2017年3月、東北国際女性会館内にオープンした常設展示です。

東北の人々が示した不撓不屈の精神と世界中に広がった励ましの絆を通して、東北から希望の未来を開きたい——その思いを込めて、東北福光みらい館は制作されました。

日本をはじめ世界各地から寄せられた真心のメッセージ、震災直後の創価学会の救援活動の記録、避難所となった学会の会館でのエピソードを伝える品々が展示。また、信仰体験を紹介した映像や、震災から立ち上がった心情を物語る物品が公開されています。

【開館時間】午前10時~午後4時
【休館日】毎週月・火曜(※祝祭日は開館)、年末年始
【入場料】無料
【住所】仙台市宮城野区苦竹3-2-1

青年部による聞き取り・被災証言集の出版

震災から5年を迎える2016年3月11日、東北青年部による聞き取りをまとめた被災証言集『「3・11」生命(いのち)の記憶――未来へのメッセージ』が全文英訳付で発刊されました。

震災から立ち上がった人たちの声が収録されています。

書籍の購入はこちら(セブンネット 創価学会専門店)

復興青年主張大会

「心の復興」を目指して、東北青年部は復興青年主張大会を開催してきました。

これまで、宮城県石巻市や福島県いわき市・南相馬市、岩手県釜石市など、被害の大きかった地域をはじめ、秋田県や新潟県・兵庫県などで行われています。

代表による体験発表では、仏法哲学を根幹に、被災から復興に立ち上がる代表の体験に感動の声が寄せられています。

東北青年フォーラム

東北青年平和会議は東北青年フォーラムを開催してきました。

「『人の絆』輝く地域を目指して」「復興の未来へ――被災地に生きる青年の使命」などをテーマに、講演や青年世代によるディスカッションが行われています。

うつくしま福光セミナー

総福島青年部は「うつくしま福光セミナー」を開催してきました。セミナーでは、福島の識者による講演が行われ、「福島の今」を正確に発信し、伝えていく重要性が訴えられています。

学生震災意識調査やシンポジウム

東北学生部が主催するシンポジウムが、「学生が描く『3・11』からの未来」「震災から学ぶ希望の哲学」などのテーマで、開催されてきました。

また、学生部は5回にわたって、震災意識調査を実施。東北6県をはじめ、首都圏の大学を含めて数千人を対象にしてきました。

シンポジウムでは、調査の結果についても発表され、「未来への貴重な資料」等と評価されています。

国連防災世界会議や仙台防災未来フォーラムへの参加

2015年3月中旬に仙台で開催された第3回国連防災世界会議では、関連行事として東北青年部が「防災・復興における青年力」をテーマにしたフォーラムを開催。創価学会の復興支援の取り組みや、復興における若者の役割などが発表されました。

SGI(創価学会インタナショナル)はシンポジウム「北東アジアのレジリエンス(社会の回復力)強化のための防災協力」、「宗教理念に基づく視点からの地域密着型防災」を開催。世界各国からの参加者と活発な議論が行われました。

また2016年からは、毎年3月に開催される仙台防災未来フォーラム(仙台市主催)にて、出展やシンポジウムを行い、創価学会の震災直後の取り組みや、復興支援の活動を具体的に紹介しています。

東北6紙トップフォーラム

これまで、5回にわたって東北各県を代表する県紙のトップ6人を招いてのフォーラム「21世紀は東北の時代」が行われてきました。

これには、河北新報社、岩手日報社、東奥日報社、秋田魁新報社、山形新聞社、福島民報社の各紙社長が参加。「東北の使命と挑戦」「人材・励まし・郷土愛」などのテーマや、活字を通した心の復興について語りあってきました。

復興のシンボルとして

震災後、東北の各県には、復興のシンボルとして、新会館が次々と建設。仙台市の新・東北文化会館、宮城の多賀城文化会館や登米文化会館そして新・気仙沼文化会館、福島の伊達平和会館や新・福島平和会館、岩手の大船渡文化会館や久慈平和会館、秋田の新・本荘文化会館、山形の新・米沢文化会館。そして、2018年7月には、福島の双葉会館もリニューアルオープンしました。

東日本大震災による東京電力福島第1原発事故の影響で、閉館を余儀なくされてきた双葉会館。帰還困難区域を除く福島県・富岡町の避難指示が2017年4月に解除されてから1年3カ月に当たる7月1日に、改装を経て開館しました。
〝新生〟の意義が込められた開館式では、愛する古里の復興・発展を真剣に祈ってきた地域のメンバーが嬉々として集い合いました。

  • 地域に希望と励ましを地域に希望と励ましを
  • 未来に向かって未来に向かって
  • 心と心を結ぶ心と心を結ぶ