ヴィクトル・ユゴー

「正義」と「人間愛」の文豪に学ぶ

「海洋よりも壮大なる光景 それは天空である 天空よりも壮大なる光景 それは実に人の魂の内奥である」                                              (『レ・ミゼラブル』より)

人間の内面を見つめ続け、人としての生き方を問い続けたフランスの文豪、ユゴー。
「正義」と「人間愛」にあふれたユゴーの作品とその不屈の生き方は、
没後130年経ってなお、世界中の人の心を揺さぶり続けています。
池田名誉会長もユゴーの作品について、たびたび青年に語ってきました。
このページでは、ユゴーの代表的な作品とその生涯を紹介します。

ユゴーの生涯

ヴィクトル・ユゴーは、フランスの詩人、小説家、劇作家で、早くから文学に熱中し、詩人としてデビューしました。
絶対王政から、自由を求める民衆の時代への変化にあって、ユゴーは、20代で『死刑囚最後の日』(1829年)を書き、翌年、7月革命が起こると、革命の若い英雄をたたえる詩を書き、31年、長編歴史小説『ノートルダム・ド・パリ』を出版。作家としてスタートを切ったのです。
45年、上院議員に当選。「民衆の幸福」のために活動を続け、48年の二月革命では共和政議員に選出されましたが、ルイ・ナポレオンの帝政樹立を目ざしたクーデターに反対し、国外追放。
以後19年間に及ぶ亡命生活が始まりました。
この間に詩作の最高傑作といわれる『静観詩集』(1856年)、人類進歩の思想を表明し、フランス最大の叙事詩といわれる『諸世紀の伝説』の第一集(1859年)を著したのをはじめ、ユゴーの名を時代と国境を超えて著名にした長編小説『レ・ミゼラブル』(1862年)を完成させました。
ルイ・ナポレオンの失脚後、亡命を終えたユゴーはパリに熱狂的に迎えられます。その後、革命思想や人道主義への思いを綴った『九十三年』を執筆。
民衆こそ社会を生む“大地”、民衆こそ“大河の流れ”——民衆を愛し、その素晴らしさを謳い上げるユゴーの言葉は、今も多くの人々に受け入れられています。

ユゴーの年表を見る

代表作品紹介

レ・ミゼラブル

あらすじを読む

九十三年

あらすじを読む

VOD(ビデオ・オン・デマンド)

「ヴィクトル・ユゴー 〜一人立つ不屈の魂」予告編紹介

再生時間:00:00

創価の哲学と共鳴するユゴーの生涯を描く!
「ユゴーを読め!」。戸田第二代会長は青年部に何度も呼びかけた。『レ・ミゼラブル』『九十三年』などで知られる19世紀フランスの大文豪ヴィクトル・ユゴーは、多くの迫害に遭いながらも、一人立つ不屈の信念で、生涯民衆の魂を鼓舞し続けた。一方で悪にはどこまでも厳しかった文豪の生涯を描きつつ、ユゴーから青年が学ぶべき生き方を浮き彫りにする。
※本編は、会館等で視聴できるSOKAチャンネルVODで御覧頂けます。

ヴィクトル・ユゴー文学記念館紹介(フランスSGI施設)

ヴィクトル・ユゴー文学記念館は、文豪ユゴーが家族とともに過ごした由緒ある建物「ロシュの館」を修復したものです。文豪の魂を後世に伝えるため、池田SGI会長が1991年に創立しました。代表作品の初版本、自筆書簡などが展示されています。ここでは、代表的な展示品を紹介します。

逝去3日前の直筆草稿
フランス国宝
「愛するとは行動することである」

『静観詩集』の唯一の校正刷り
フランス国宝

ユゴーの自筆による
『レ・ミゼラブル』の校正刷り 全7巻
フランス国宝

ユゴーが愛用したペン軸と手紙

世界の書籍展

創価学会の巡回展示「世界の書籍展」に出品されている、ユゴー作品の豪華本、直筆書簡などを紹介します。

「世界の書籍展」は、活字離れの深刻さが叫ばれる中で、広く社会に「読書」と「本」の大切さを訴える催しとして、2002年に東京で巡回が始まり、これまでに100万人以上が鑑賞しました。内容は16世紀ルネサンス期のプラトン全集など古今東西の貴重本を始め、知の宝石と言われる豆本や文豪の直筆などを展示。さらにユゴー、ゲーテ、ミッチェルなど古典・名作の世界を、カラーパネルで分かりやすく解説しています。

世界の書籍展サイトへ