このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 コミック E-1外伝 ユウキの一歩
未来部E-1グランプリのキャラクター「ユウキ」が、青春の悩みを友達の「タカシ」「トム」と語るWebコミックです。
画像  創価学会のよくわかるお彼岸
2017年春のお彼岸の期間とお彼岸の意味や由来、また創価学会でのお彼岸と法要についてご紹介します。
画像  創価ルネサンスバンガード 第21回ビクトリーコンサート
2017年2月19日に開催された第21回ビクトリーコンサートの模様をご紹介しています。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内

提言:牧口初代会長生誕141周年 記念提言 「持続可能な地球社会への大道」

池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長は、ブラジルのリオデジャネイロで2012年6月20日から本会合が始まる国連持続可能な開発会議(リオ+20)に寄せて、「持続可能な地球社会への大道」と題する提言を発表した。
6月6日の牧口初代会長生誕141周年の意義も込められた提言では、〝できること〟の追求から〝なすべきこと〟の追求への転換を訴えたローマクラブの創始者ペッチェイ博士の警鐘に触れながら、牧口初代会長が提唱した「他のためにし、他を益しつつ自己も益する」人道的競争の現代的意義に言及。環境破壊や災害など、〝かけがえのない尊厳〟を脅かす危機を乗り越えるためには、一人一人が変革の主体者となって行動することが欠かせないとし、その足場となる「地域」の重要性を、ケニアのマータイ博士が取り組んできた植樹運動を通して浮き彫りにしている。
その上で、リオ+20で合意を目指すべき課題を三つの角度から提示。第一に、ミレニアム開発目標に続く新たな共通目標の制定を通し、人道的競争の積極的な推進を呼びかけている。第二に、国連の環境部門と開発部門の統合で「持続可能な地球機構」(仮称)を設立し、市民社会の声を意思決定に反映させる制度の導入を提唱。第三に、「持続可能な開発のための教育の10年」を発展的に継承した枠組みを2015年から開始することを提案。教育の力で人間の可能性を開花させ、希望の未来を民衆の手でつくりあげることを訴えている。
創価学会インタナショナル会長池田大作

創価学会インタナショナル会長池田大作

提言全文をダウンロード

PDF形式 1930kB

ダウンロードの操作に困ったら

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
上記のアイコンを選択(クリック)して
ダウンロードして下さい。

このページのトップへ