このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 ~『新・人間革命』雌伏の章より~
池田大作先生の詩を風景の映像と朗読でお送りする最新の「希望の譜」を紹介します。
画像  凱歌の調べ
緑輝く季節ー。音楽隊の爽やかな歌声や、力強い演奏をお楽しみください。
画像  北陸ホームページ
スマホ専用コンテンツ「核兵器のない世界への入口」などを配信しています。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内

提言:「教育のための社会」目指して

創価学会創立70周年と牧口初代会長の『創価教育学体系』発刊七十周年を記念して、2000年9月29日、池田大作名誉会長は「『教育のための社会』目指して 21世紀と教育——私の所感」と題する提言を発表した。
提言ではまず、現代の青少年を取り巻く問題に言及し、その要因が大人社会のモラルの低下などによる社会全体の「教育力の衰弱(すいじゃく)」にあると指摘。教育基本法の見直しを拙速(せっそく)に進めることよりも、教育を手段視してきた社会の風潮を改めることが先決と述べ、「教育のための社会」への転換が必要と訴えている。また、“コミュニケーション不全(ふぜん)”に象徴される現代の病理に触れ、子どもの幸福のためには、人間と人間、人間と自然といった“結びつき”を回復させることが重要であると強調している。
続いて、牧口初代会長の先見的な教育思想を紹介しつつ、改革の方向性や試案を具体的に提示。


(1) 長期的展望に立って教育問題を審議する独立機関「教育センター」の設置

(2) 現場の自主性を尊重した制度への移行と、学校の教育力を高めるための自助努力の促進

(3) 教育の新たな可能性を追求する「実験的な授業」の奨励(しょうれい)

(4) ボランティアなど社会貢献活動への持続的な取り組みを通し、子どもの健全な成長を目指す

(5) 入試方法の多様化や「9月入学」導入などによる大学入試の制度改革

(6) 全体性を育む教養教育の拡充と、学生の学ぶ意欲を尊重した大学間の編入学制度の整備

(7) 海外の留学生や教員の積極的な受け入れを柱とする「大学の国際化」の推進

(8) 「平和の文化」と「非暴力」の精神を啓発するための社会的な運動の重要性

など、多岐にわたる角度から「21世紀の教育」を展望している。
提言全文をダウンロード

PDF形式 1230kB

ダウンロードの操作に困ったら

Get ADOBE READER

※PDFファイルをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。
上記のアイコンを選択(クリック)して
ダウンロードして下さい。

このページのトップへ