このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 コミック E-1外伝 ユウキの一歩
未来部E-1グランプリのキャラクター「ユウキ」が、青春の悩みを友達の「タカシ」「トム」と語るWebコミックです。
画像  創価学会のよくわかるお彼岸
2017年春のお彼岸の期間とお彼岸の意味や由来、また創価学会でのお彼岸と法要についてご紹介します。
画像  創価ルネサンスバンガード 第21回ビクトリーコンサート
2017年2月19日に開催された第21回ビクトリーコンサートの模様をご紹介しています。
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内
  • アーノルド・J・トインビー博士
  • 周恩来氏
  • ミハイル・ゴルバチョフ氏
  • ライナス・ポーリング博士
  • ヘンリー・A・キッシンジャー氏
  • パトリシオ・エイルウィン氏
  • アウレリオ・ペッチェイ氏
  • A・ペレス・エスキベル博士
  • ワンガリ・マータイ博士
  • ソニア・ガンジー氏
  • ユーディー・メニューイン氏
  • ワレンチナ・テレシコワ氏
  • 世界交友録
タイトル ローマクラブ創設者 アウレリオ・ペッチェイ氏
コメント 池田会長、私たちの意見は一致しました。やりましょう。手遅れにならないうちに!

「成長の限界」

写真 対談集発刊について語り合うペッチェイ氏と池田大作名誉会長
対談集発刊について語り合うペッチェイ氏と池
田名誉会長(1981年6月1日、イタリア・フィレ
ンツェ)
1972年、あるレポートが世界に衝撃を与えた。タイトルは『成長の限界』。発表したのは、国際的有識者組織「ローマクラブ」。創設者はイタリアを代表する実業家として知られたアウレリオ・ペッチェイ氏である。
経済至上主義の物質文明に警鐘を鳴らす活動のなかで、ペッチェイ氏は二つの“壁”に直面した。一つは、ソ連・中国とどう協力すればいいか。もう一つは、若者の価値観をどう転換させるか——。「イデオロギー」と「世代」。二つの壁に突き当たっていたのである。そうしたなか、池田大作名誉会長を知った。社会主義の中国・ソ連を相次いで訪問し、対話を重ねている。また池田名誉会長のもとには、いつも溌剌とした青年がいる。池田名誉会長にはローマクラブの限界を破る何かがある——。そう感じたペッチェイ氏は、池田名誉会長との会見を希望する。

このページのトップへ

人間革命の思想に関心

写真 リンゴの白い花が光る屋外での初会見の様子
リンゴの白い花たちが光る“青空サロン”で初
会見(1975年5月16日、フランス・パリ)
「庭がきれいですから、外でお話ししませんか」(池田名誉会長)
「それはいいですね!」(ペッチェイ氏)
1975年5月、フランス・パリの青空の下で池田名誉会長とペッチェイ氏の初会見が行われた。氏は人類の行く末を真剣に憂いていた。「(人類の)技術は進歩しても、文化的には化石のように進歩が止まっている。そのギャップを埋めるために、必要なのは『人間精神のルネサンス』です。『人間自身の革命』です」以前から創価学会が掲げる「人間革命」の思想に関心をもっていたペッチェイ氏。「人間革命には、どれくらいの期間を要するのでしょうか?」(ペッチェイ氏)「多くの人々の人間革命には、かなりの時を必要とするでしょう。しかし、行動せずして種をまかずして前進はありません」(池田名誉会長)。「人間革命」の思想にペッチェイ氏は心から共感し、大きな希望を抱いた。

このページのトップへ

青年の人間革命によって世界は変わる

写真 最後の会見
ペッチェイ氏と池田名誉会長の最後の会見。この
時、氏は「どういうことがあろうと、より深い友
情でいきましょう!」と名誉会長に語った(19
83年6月21日、フランス・パリ)
ペッチェイ氏と池田名誉会長の出会いは、ペッチェイ氏が亡くなる直前までの約10年間、パリ、東京、フィレンツェなどで5度に及んだ。この“警世の対話”は、対談集『二十一世紀への警鐘』(84年)として上梓された。晩年、ペッチェイ氏はことあるごとに語っていたという——「世界を変革できるのは、青年だよ。青年の人間革命によって、世界は変わるんだよ」と。ペッチェイ氏が人類に対して鳴らした警鐘の先見性は、21世紀の現在、いや増して光っている。「池田会長、私たちの意見は一致しました。やりましょう。私たちは握手しましょう。21世紀のために! 私たちの子どもや孫の世代のために! 手遅れにならないうちに!」

このページのトップへ

アウレリオ・ペッチェイ(1908年~1984年)
実業家 ローマクラブ創設者
1908年生まれ。第2次大戦で反ファシズムのレジスタンスに参加し、逮捕・投獄される。戦後、実業家として活躍。68年、地球の危機回避への提言を発する国際組織「ローマクラブ」を設立し初代会長に。72年発表の報告書『成長の限界』が、世界に衝撃を与えた。ヨーロッパの行動する知性として未来への建設的な提言を続けた。