このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 ようこそ!総本部へ
「信濃町」の歴史についてや、総本部おすすめスポットを、SOKAnet公式キャラクターたちが紹介します。
画像  御書発刊65周年企画
創価学会の根本の聖典「御書」。発刊65周年を記念し、御書を学べるコンテンツとお役立ちアイテムをご紹介します。
画像  Happy Mother’s Day
「母の日」に感謝の思いを込めて——お母さんへ贈る動画やカード、LINE・メールで贈れる画像を配信♪
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内
  • アーノルド・J・トインビー博士
  • 周恩来氏
  • ミハイル・ゴルバチョフ氏
  • ライナス・ポーリング博士
  • ヘンリー・A・キッシンジャー氏
  • パトリシオ・エイルウィン氏
  • アウレリオ・ペッチェイ氏
  • A・ペレス・エスキベル博士
  • ワンガリ・マータイ博士
  • ソニア・ガンジー氏
  • ユーディー・メニューイン氏
  • ワレンチナ・テレシコワ氏
  • 世界交友録
タイトル 20世紀最大の歴史家 アーノルド・J・トインビー博士
コメント 人類全体を結束させていくために、若いあなたは、このような対話を、さらに広げていってください

一通のエアメール

写真 トインビー博士の自宅で行われた初対談の様子
トインビー博士の自宅で行われた初対談(19
72年5月5日、ロンドン)
イギリスが最も輝く季節、メイフラワー・タイム(5月の花咲く頃)。
1972年5月、池田大作名誉会長は、ロンドン市内にあるアーノルド・J・トインビー博士の自宅を訪れていた。
1969年の秋、池田名誉会長のもとに一通のエアメールが届いた。それは「20世紀最大の歴史家」とも評されるトインビー博士からの、「対談」を要請する書簡であった。「現在、人類が直面している諸問題に関して、二人で有意義に意見交換できれば幸いです」。そして「うららかな春を迎える5月」に、ロンドンで語り合いたいとつづられていた。
招請から2年半、ついに対談が実現した。

このページのトップへ

対話をさらに広げていってください

写真 対談の合間ホーランド公園を散策するトインビー博士と池田名誉会長
対談の合間、風薫るホーランド公園を散策(19
72年5月9日、ロンドン)
「私はこれまで、仏法者として、『生命の尊厳とは何か』『人間とは何か』といった根源的なものを、常に探究してまいりました」と語る池田名誉会長にトインビー博士は応じた。「まさに、私もその点を話したかったのです。長い間、この機会を待っていました。やりましょう! 21世紀のために語り継ぎましょう! 私はベストを尽くします!」
83歳のトインビー博士と44歳の池田名誉会長——対談のテーマは、「人生と社会」「政治と世界」「哲学と宗教」という三つの柱を軸として、地球文明の未来、国際情勢、恒久平和、生命論、環境問題、女性論、青年への期待、教育論など、多岐にわたった。
翌年5月の語らいと合わせ、のべ10日間、40時間にもわたった対談を終えた際、トインビー博士は、池田名誉会長の手を握りしめて言った。
「私は、対話こそが、世界の諸文明、諸民族、諸宗教の融和に、極めて大きな役割を果たすものと思います。人類全体を結束させていくために、若いあなたは、このような対話を、さらに広げていってください」
そして、ローマクラブの創立者ペッチェイ博士など、友人の名前を記したメモを託し、会うことをすすめた。

このページのトップへ

今なお愛読される対談集

写真 池田大作名誉会長をみつめるトインビー博士の眼差しは慈父のごとく
池田名誉会長をみつめるトインビー博士の眼差しは慈父のご
とく(1973年5月19日、ロンドン)
やがて、語らいは、対談集『二十一世紀への対話』として結実。発刊から30年以上経った現在、28言語に翻訳され、トインビー対談を愛読する識者や国家指導者は多い。
二人の対話を貫いているもの——それは、現代世界が抱えているさまざまな問題群を「傍観者」ではなく「当事者」としてとらえ、その解決の方途を真剣に探ろうという責任感と情熱である。
トインビー博士が対談を始める際、青年のごとく語る言葉があった。
「さあ、今日も、共に語りましょう! 人類のために! 未来のために!」

このページのトップへ

アーノルド・J・トインビー(1889年~1975年)
歴史学者・文明批評家
歴史学者、文明批評家。イギリス・ロンドン生まれ。オックスフォード大学を卒業。ロンドン大学教授、王立国際問題研究所・研究部長などを歴任。西欧中心ではない独自の歴史観により文明の興亡を体系化し、“20世紀最大の歴史家”と称される。主著に『歴史の研究』『試練に立つ文明』など。