2016年11月6日、東京都・八王子市の創価大学で、第2回「未来部E-1グランプリ」の決勝大会が行われました。
 
昨年から開催されたE-1グランプリは、今年で2回目。
未来部員が4人1組で英会話の寸劇を披露するコンテストです。
少年少女部も加わった今回は、全国で約6000チームの応募があり、映像審査を突破した10チームが決勝大会に進出しました。
 
木﨑未来部長、星少年部長、長谷川理事長らが、真剣に練習に取り組んできたメンバーを激励。
 
各チームとも、その地域ならではの工夫や趣向を凝らしたパフォーマンスを披露。
英語の表現力とユーモア溢れる演技に、会場からは、たくさんの拍手がおくられました。
 
審査の後、結果発表。1位から3位のチームが表彰されました。 
挨拶に立った石黒未来本部長は、E-1グランプリに取り組んだ全員の努力を賞讃。
一人一人が、語学を磨き、幅広く友情を広げることを決意し合う集いとなりました。