写真 試験会場の様子
試験会場の様子(荒川文化会館で)

2016年11月20日、学会伝統の「教学部任用試験(仏法入門)」が、全国1637会場で実施され、11万人が挑戦した。
 
試験は、午後1時半からと午後7時半からの2回行われ、御書3編と教学入門などから出題された。
この日、各部、各方面のリーダーは試験会場で、受験者を励ました。
原田会長は、東京・荒川文化会館へ。
池田大作先生はメッセージを贈り、全受験者をはじめ、役員・担当者の奮闘を心からたたえた。