2016年12月11日、東京都・墨田区のすみだトリフォニーホールで、創価合唱団の、定期演奏会が開催されました。
 
今年の演奏会のテーマは、「つなぐ(TSUNAGU) 時代(あした)をひらくあなたへ」。
多くの先人から私たちへ、そして未来をひらく人々へ、時代を超えて心と心を繋ぎたい、との思いが込められています。
 
演奏会では、合唱曲「『天使のいる構図』より『Finale(フィナーレ)』」や、「花」など、心に残る数々の名曲に、会場が感動に包まれました。
 
ゲストで出演した高等部の正義合唱団。
ジブリの名曲メドレーなどを、元気いっぱい披露しました。
 
最後に、正義合唱団と合同で、「青年よ広布の山を登れ」、「歓喜の歌」などを披露。
    
世界へ、未来へ、幾重にも思いを重ねた歌声が、師走の夜に、響きました。