2017年3月4日、宮城県・南三陸町の「さんさん商店街」で音楽隊・創価ルネサンスバンガードがパレードを行いました。
 
音楽隊はこれまで、被災地で「希望の絆コンサート」の開催を続け、今回の被災地訪問で、演奏回数は、100回を数えます。
 
このパレードは、2012年に仮設商店街としてオープンした「さんさん商店街」が、かさ上げされたかつての町の中心部に移転され、3月3日にリニューアルオープンしたことを記念して行われたもの。
オープンを心待ちに集った多くの人々は、商店街の中を行進する音楽隊に、拍手を送りました。
 
その後、創価ルネサンスバンガードは町内にある、ベイサイドアリーナでコンサートを開催。
日本一の演技・演奏から溢れる復興への思いに、場内は、大きな感動に包まれました。
 
東日本大震災より6年。
音楽隊は、真心の演奏で、復興への勇気と希望をおくり続けています。