2017年5月7日、兵庫県西宮市の兵庫県立芸術文化センターで、関西音楽隊結成60周年を記念する、音楽隊・関西吹奏楽団の第40回定期演奏会が開催されました。
 
関西吹奏楽団は、1971年の結成。
1980年には、音楽隊として初の全国大会「金賞」を受賞。
昨年行われた全国大会においても、3年連続16度目の全国大会「金賞」を受賞しました。
 
演奏会では、爽やかなマーチや日本と韓国の民謡を織り交ぜた「アリランと赤とんぼ」など、親しみやすい曲が多く演奏されました。
 
アルトサックスのソロ曲「シーガル」や、沖縄の海をイメージした「ニライカナイの海から」などの演奏に会場からは感動の拍手が送られました。
 
アンコールでは、すべてのお母さんへの感謝の思いを込めて「母」を披露。
 
日本一の情感豊かな調べが、観客を魅了しました。