写真 福岡・朝倉市での被災者への激励の様子
被災者への激励の様子(福岡・朝倉市で)
写真 大分・日田市での被災者への激励の様子
被災者への激励の様子(大分・日田市で)

2017年7月5日から6日の記録的な豪雨の影響により、福岡や大分を中心とした九州北部で、河川の氾濫や土砂崩れが相次ぐなど甚大な被害に見舞われている。
 
九州の災害対策本部では学会本部と連携し、被害状況の把握に全力を挙げ、被災した会員・家族の激励に奔走している。
 
同6日には、早田総福岡長、筑紫総県の藤井総県長が福岡県朝倉市の被災地の同志宅へ。
 
一方、大分総県では、小久保総県総合長、大塚総県長らが6日、大分県日田市で被災した友のもとへ激励に駆け付けた。