2017年7月29日、兵庫県・神戸市の関西国際文化センターで、企画展示「わたしが続く 平和の道 —夢つむぐ、誓いつなげる—」がオープンしました。
 
本展示は、創価学会第二代会長・戸田城聖先生の原水爆禁止宣言から60周年の意義を留め、開催。
 
オープニングでは、大野木 総兵庫・婦人部長に続き、浅井青年平和会議議長があいさつ。
谷川主任副会長は、「展示を通し、平和の心を広げる機会に」と期待を寄せました。
 
本展示は、4つのテーマから構成され、池田大作先生の平和思想を、代表的な行動とともに紹介。
 
第1章「世界平和の旅」では、世界中に対話を広げた、平和旅の歴史を紹介しています。
 
第2章「平和への原点」では、平和行動の原点を、「戦争の体験」と「師弟の誓い」の
2つの側面から紹介。
 
第3章「青年を育む」では、池田大作先生が平和を担う青年を励まし、ともに平和運動を起こしてきた歴史に迫ります。
 
第4章「青年の連帯」では、世界各地で平和に貢献する青年の姿を紹介。
青年の連帯を広げていきたいとの平和への思いが込められています。
 
併せて、同センター1階では、特別展示「One Step for Peace —すべては私の一歩から—」もオープン。
 
戸田先生の「原水爆禁止宣言」や「地球民族主義」について、子どもたちが分かりやすく理解できるよう、模型やパネルを使い、展示されています。
関西国際文化センターは、土・日・祝日のみ開館し、展示をご覧頂けます。
 
 
■「わたしが続く 平和の道 —夢つむぐ、誓いつなげる—」
会場:関西国際文化センター
期間:2017年7月29日(土)~12月24日(日)
 ※土・日・祝日のみ開館
時間:10:00~17:00(16:30受付終了)
 
※「One Step for Peace —すべては私の一歩から—」も同様