写真 長崎平和会館での勤行法要の様子
勤行法要の様子(長崎平和会館で)

「長崎原爆の日」から72年を迎えた2017年8月9日、「世界平和祈願勤行法要」が、長崎市の長崎平和会館で厳粛に執り行われた。
原爆犠牲者・戦没者を追善し、恒久平和を誓い合う集いでは、長崎学生部の坂本さん、山中さんが、全国で実施している学生平和意識調査のうち、九州方面の結果を報告。「核兵器のない世界」を目指し、現実に即して行動する青年の連帯を広げゆく決意を述べた。
綾部さん(小学5年)が「平和への思い」を発表した後、婦人部の浦邊さんが被爆体験を語った。
 
創価学会平和委員会の河合事務局長が、核兵器禁止条約の交渉会議にSGI代表の一員として参加した模様を報告。
三浦総県長は、長崎の深き使命を胸に平和の大潮流をと訴えた。
前田副会長は、戸田城聖先生の「原水爆禁止宣言」から60周年の本年、“核兵器は絶対悪”との思想を語り抜こうと呼び掛けた。