Movie 世界に広がる創価学会 イタリア篇
なぜイタリアでも信仰されるのかー 信仰することで何が変わるのかー  イタリアで活躍する創価学会メンバーの信仰のエピソードをご紹介します。
メンバー写真「この信仰から本物の決意が生まれる。これが、私が実感した信仰の力です」 フランチェスコ・ジェラチターノさん
Story

世界的な金融危機により、会社が倒産の危機を迎えたジェラチターノさん。苦しい経済状況に、この信仰で立ち向かう事を決意します。信仰に励む中で、弱気だった心が、状況を打開しようと強気な心に変わっていきました。信仰によって困難を乗り越える決意をした彼は、仕事に励み、経済不況を乗り越える事ができました。

Profile

フランチェスコ・ジェラチターノさん 〈コーヒー豆会社社長〉 ヨーロッパやアジア各国に展開する、コーヒー豆会社「カフェ・ハイチ・ローマ」の社長。イタリア・コーヒー協会の副会長も務めています。

メンバー写真
「すべての人が励まし合っている組織。自分も人の役に立ちたいと思います」 ヴィンチェンツィオ・アスコーネさん
Story

生きる喜びを探していたヴィンチェンツィオさん。創価学会と出会い、周囲と励まし合う姿に、求めていた生き方を見つけます。信仰を始めて、自分一人で生きるだけでは得られない喜びを感じます。自分のためだけではなく、他者のために祈り、励まし、喜び合う生き方は、彼の求めた喜びの姿でした。

Profile

ヴィンチェンツィオ・アスコーネさん 〈新入会のメンバー〉

「すべての人が励まし合っている組織。自分も人の役に立ちたいと思います」 ヴィンチェンツィオ・アスコーネさん
メンバー写真「以前は不安を抱えてばかりでしたが、祈ると現実に立ち向かう勇気がわいてきます」 キアラ・デパオリさん
Story

競争の激しい音楽学校で、人間関係で悩んでいたデパオリさん。パニックの発作や摂食障害で苦しんでいた頃、創価学会に出会います。この信仰を始めて、不安ばかりだった彼女が、現実に立ち向かう勇気を持つことができました。心身共に元気になり、バイオリニストの夢を叶えます。

Profile

キアラ・デパオリさん 〈バイオリニスト〉 ミラノの音楽学校を卒業。現在はバイオリニストとして活躍しています。

メンバー写真
「自身を変革し、自分にしか果たせない使命を見いだすことこそ、この信仰の力です」 ゾッカテッリ教授
Interview

創価学会を研究する中で、私が初めに気が付いたのは、会員が受けている「功徳」です。自分らしさとは何か、何のために生きるのか―人生や運命に対する悩みに対して、日蓮仏法では精神的・物質的な「功徳」という説得力のある答えを即座に与えてくれます。さらにいうと、そうした功徳も全体の一部ということです。会員は自身を変革し、自分にしか果たせない使命を見出そうとしています。

Profile

ゾッカテッリ教授 〈宗教社会学者〉 イタリアの宗教社会学者。新興宗教研究センター(CESNUR)副所長。ゾッカテッリ教授 〈宗教社会学者〉イタリアの宗教社会学者。新興宗教研究センター(CESNUR)副所長。

「自身を変革し、自分にしか果たせない使命を見いだすことこそ、この信仰の力です」 ゾッカテッリ教授
Movie 世界に広がる創価学会 イタリア篇
なぜイタリアでも信仰されるのかー 信仰することで何が変わるのかー  イタリアで活躍する創価学会のメンバーの信仰のエピソードをご紹介します。
SGIメンバーアナ・ブリトさんの体験ストーリー
SGIメンバーロベルト・ペニャさんの体験ストーリー