このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 九州創価学会公式サイト
九州創価学会公式サイトでは、平和・文化・教育への取り組み、最新のトピックスなどを紹介しています。
画像  研修道場自由見学会
創価学会では、「函館研修道場」 「長野青年研修道場」 「沖縄研修道場」の3会場で「研修道場自由見学会」を実施しています。
画像  ネットでVOD
SOKAチャンネルVOD 教学番組など3番組を追加しました!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

平和・文化・教育

  • 平和
  • 文化
  • 教育

音楽

音楽隊

写真 演奏する音楽隊

1954年に男子青年部の10代から30代までの社会人・学生で発足。現在は吹奏楽、管弦楽、合唱、マーチング、軽音楽、伝統音楽など様々なジャンルの音楽団体を全国に組織している。団体ごとに定期演奏会の開催をはじめ、各種イベントへの参加のほか、創価グロリア吹奏楽団、関西吹奏楽団、創価ルネサンスバンガード、しなの合唱団がCD、DVDをリリースするなど、多彩な音楽活動を展開。各種コンクールやコンテストにも出場し、全国大会で金賞を受賞する団体も複数存在する。また2014年より、宮城・福島・岩手の仮設住宅や公民館、ホールなどで、東日本大震災からの心の復興に向けた「希望の絆」コンサートを行っており、2018年は、熊本地震で被災した熊本、大分でも開催している。

鼓笛隊

写真 パレードする鼓笛隊小学校6年生から30代の社会人まで幅広い年齢層の女性で構成。地域文化への貢献を目的に、パレードやイベントなどの参加をはじめ、各種コンサートの開催やコンテストへの出場など多岐にわたる活動を展開している。その数は、年間で約50カ所を数える。鼓笛隊カラーガードチームがマーチングバンド全国大会で金賞に輝くなど社会から高い評価を得ている。

合唱団

写真 合唱団のコンサート創価学会では、壮年・婦人・青年の各部有志から構成される「創価合唱団」、婦人部の「白ゆり合唱団」、男子部を中心とした「しなの合唱団」「関西男声合唱団」、女子部の「富士合唱団」、未来部の「正義合唱団」をはじめ、全国各地で多数の合唱団が平和のメッセージを伝えることを目的に、演奏活動を展開している。

このページのトップへ

イベント

コンサート

写真 コンサート音楽関係の各団体は、定期演奏会をはじめ、地域行事への出演、小単位のファミリーコンサートなどを開催している。日頃の練習の成果を発表する場として、多くの鑑賞者からも喜ばれている。音楽隊、鼓笛隊、合唱団以外にも、富士交響楽団や関西21世紀交響楽団、未来部の希望オーケストラなどが例年コンサートを行っている。

このページのトップへ

展示

わたしと宇宙展—奇跡の地球に生きる

画像 わたしと宇宙展—奇跡の地球に生きる宇宙的視野で地球を見つめれば、今を生きる奇跡がわかる。地球的問題群の解決のために「地球人」としての一体感を高めるために企画し、2013年にスタートした展示会。NASAの協力で「月の石」を出品。ほかにも宇宙服や月面車のレプリカ、隕石などが展示されている。高精細映像・AR(拡張現実)等のデジタルコンテンツも活用。驚きと感動に満ちあふれた宇宙の世界が楽しめる。

自然との対話——池田大作写真展

写真 自然との対話展池田SGI会長が撮影した自然・風景などの写真を披露する同展は、写真文化普及への一助として、1982年にスタート。これまでにフランス、ロシア、中国などの世界各都市で開催されるとともに、国内では1000を超える会場で来場者を魅了している。

世界の書籍展

写真 世界の書籍展活字離れの深刻さが叫ばれる中で、広く社会に「読書」と「本」の大切さを訴える催しとして、2002年に東京で巡回が始まり、これまでに100万人以上が鑑賞している。内容は16世紀ルネサンス期のプラトン全集など古今東西の貴重本を始め、知の宝石と言われる豆本や文豪の直筆などを展示。さらにユゴー、ゲーテ、ミッチェルなど古典・名作の世界を、カラーパネルで分かりやすく解説している。

絵本とわたしの物語展

写真 絵本とわたしの物語展

「活字文化の振興」を支援する催しとして2016年からスタート。子どもから高齢者まで幅広い世代が「読んで」「語って」「参加して」、交流が深まる内容となっている。
『赤ずきん』や『3匹の子ブタ』に、色々なストーリーやパロディがあることを紹介。ほかにも大人が楽しめる絵本、アートな絵本など、約250種600冊を手に取って読むことができる。また、絵本が生まれた時代背景を知り、絵本を読んだ幼少期を振り返るコーナーとして、昭和20年から平成20年までを5つに区切り、各年代の年表と共に、生活用品、電化製品、文具、おもちゃ、雑誌、レコードなどを展示し、当時の生活空間を再現している。

写真展「波涛を越えて」

写真 写真展「波涛を越えて」海外航路に従事する「波涛会」メンバーが、世界各地で撮影した写真を展示。なかなか目にすることのない海の表情や船上での生活のほか、世界各地の暮らしが、写真で生き生きと綴られている。これまで、世界21カ国で開催され、2008年6月には、国連の専門機関「国際海事機関(IMO)」の本部で展示会を開催した。日本では、横浜市の日本丸メモリアルパーク、神戸市のかもめりあで開催された。

このページのトップへ

社会貢献

農漁村ルネサンス体験主張大会・写真展

写真 農漁村部主張大会2月17日「農漁光部の日」を記念する大会。2017年は全国900会場に20万人が来場して行われた。今や農漁村地域のみならず、都市部へも勇気と活力を送る「日本最大の農漁業行事」として注目されている。農漁業の現場で奮闘する会員が登壇。創価の誇りを胸に、祈りと努力、知恵と工夫で困難を乗り越えた信仰体験が反響を呼ぶ。その他、農漁村に生きる喜びにあふれた写真展なども開催している。

ボランティアカット

星辰会、星辰常勝会(理容師を職業とする男子部・壮年部のグループ)により、災害時の避難所や福祉施設などでの散髪を行っている。

このページのトップへ

文化講演会

写真 聖教文化講演会地域文化の発展と向上に寄与することを目的に、1971年に始まった「聖教文化講演会」。各界の著名人を講師に招き、これまでに延べ58万人の市民が聴講している。

このページのトップへ

海外交流団の派遣

写真 記念撮影する交流団中国最大の青年団体である中華全国青年連合会と、創価学会青年部との交流議定書30周年となる2015年には、青年部約20人が中国を訪問。北京、延辺、大連を訪れ両国の平和友好を推進した。このように中国をはじめとして、創価学会は韓国、インド、インドネシア、シンガポール、マレーシア、モンゴル、フィリピン、キューバ、メキシコ、アメリカなどに訪問団を派遣。平和を目指し、民衆レベルでの親善交流を推進してきた。加えて、海外各国の教育・文化・青年団体を日本で受け入れ、友好を深めてきた。

このページのトップへ

民主音楽協会

写真 民主音楽協会の外観「最高の音楽と舞台芸術を、より多くの方に楽しんでいただきたい」との池田先生の発意から、民族や文化の壁を越えた音楽文化の交流によって、人々に融和をもたらし、地球の平和へと結晶させていくことを目的に1963年に設立。クラシックからポピュラー、歌謡曲、伝統芸能に至る幅広いジャンルの良質な音楽を多くの人々に提供するだけでなく、世界各国の文化団体との交流や、国際音楽コンクール、学校コンサートの開催など未来の人材発掘や青少年の情操教育に寄与する多角的な音楽文化運動を展開している。なかでも、その文化交流は108カ国・地域を超え、音楽の力で世界の民衆を結んできた。

このページのトップへ

東京富士美術館

写真 東京富士美術館の外観「新たな人間主義の芸術の創造、世界の民衆を結ぶ文化交流のため」1983年に池田先生によって設立された。日本・東洋・西洋の様々なジャンルの作品約3万点を収蔵している。「世界を語る美術館」をモットーに、世界各国の優れた文化を新しい視点から紹介する、海外文化交流特別展を国内外で活発に開催。国内外において文化の相互交流を活発に推進し、豊かな国際交流の輪を広げている。その活動に対して1990年には外務省より「外務大臣表彰」を受彰するなど、世界中から高い評価を受けている。

このページのトップへ

東洋哲学研究所

写真 東洋哲学研究所の外観東洋思想、なかでも仏教のすぐれた思想・哲学を研究するとともに、各学問分野との学際的研究を推進。その成果をもって、人類が抱える諸課題の克服に貢献することを目的に1962年設立。主な活動として、国際会議への参加、展示会・講演会の開催、出版物の発行を行っている。2006年よりスタートした「法華経——平和と共生のメッセージ」展では、法華経伝播の歴史などを、貴重な写本資料(複製)、写真やパネル等を交えて紹介。仏教発祥の地・インド、ネパールをはじめ、韓国、マレーシア、タイ、イギリス、ブラジルなど、世界16カ国・地域を巡回し、80万人以上が観賞している。また、創価学会との共同事業として、法華経の原典研究に寄与する「法華経写本シリーズ」を研究・編集する。

このページのトップへ