このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 釈尊からの系譜
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 Selection
池田先生の詩を朗読と美しい風景の映像に載せて配信してきた「希望の譜」を厳選いたしました。
画像  仏教ものがたり 釈尊の時代の弟子たち
SOKAnetムービーで配信する動画から「釈迦の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
画像  お役立ち 活動アイテム集
2019年、年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

創価学会について 創価学会の歴史や主な活動について、基本的な情報をご紹介します。

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • THE CONSTITUTION OF THE SOKA GAKKAI
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

教義・理念


釈尊からの系譜

仏教の創始者である釈尊は、生老病死という根源的な苦悩からどうすれば人々を救えるのか、解決の道を探求しました。そして、自身の胸中に具わり、宇宙と生命を貫く根本の法に目覚めます。その悟りを開いてから生涯を終えるまで、釈尊は種々の教えを説きました。
それらは釈尊滅後、弟子たちによってまとめられ、多くの経典が編纂されました。そして、西暦紀元前後には、大乗仏教運動が起こり、新たな経典が編纂される中で「法華経」が成立します。
法華経は、釈尊の智慧と慈悲の精神を昇華させた経典であり、あらゆる人々の生命に仏の境涯が具わり、誰人も開き現すことができるという「万人成仏」の思想を説いています。「成仏」とは、宇宙の根源の法と一体になり、智慧と慈悲にあふれた仏の生命を自分自身に現すことです。
インドでは、竜樹(150~250頃)らが大乗仏教の思想を発展させました。法華経は、中国では鳩摩羅什(344~413、または350~409)らにより漢語に翻訳され、天台大師智顗(ぎ)(538~597)によって最上の経典と位置づけられました。また、日本においても、伝教大師最澄(767~822)が、日本天台宗を立てて法華経を宣揚しました。
そして、鎌倉時代の日蓮大聖人は、民衆の救済、社会の安穏と繁栄のために、法華経から肝要となる教えを導き、「南無妙法蓮華経」の題目と本尊を顕しました。

このページのトップへ

戻る
次へ