このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 御本尊
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 Selection
池田先生の詩を朗読と美しい風景の映像に載せて配信してきた「希望の譜」を厳選いたしました。
画像  仏教ものがたり 釈尊の時代の弟子たち
SOKAnetムービーで配信する動画から「釈迦の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
画像  お役立ち 活動アイテム集
2019年、年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

創価学会について 創価学会の歴史や主な活動について、基本的な情報をご紹介します。

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • THE CONSTITUTION OF THE SOKA GAKKAI
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

教義・理念


御本尊

「本尊」とは「根本として尊敬するもの」を意味し、信仰の根本対象をいいます。創価学会では、日蓮大聖人が現した南無妙法蓮華経の文字曼荼羅を本尊としています。「曼荼羅」とは、サンスクリット語「マンダラ」の音写で、仏が覚った場(道場)、法を説く集いを表現したものです。
御本尊は、法華経に説かれる「虚空会の儀式」の姿を用いて現されています。虚空会の儀式とは、巨大な塔(宝塔)が大地から出現し、全宇宙から諸仏が集まって、虚空(空中)で釈尊の説法が行われる儀式をいいます。
曼荼羅の中央には「南無妙法蓮華経 日蓮」と大書され、その周囲に仏や菩薩、種々の境涯を示す衆生が並んでいます。このことは、すべての衆生が仏の智慧と慈悲の光に照らされて、生命本来のありのままの尊い姿になるとの意義を表しています。また、仏や菩薩をはじめ、あらゆる衆生が集い、末法の人々の平和と幸福を願うという法華経の世界観を表現しています。
この御本尊を信じることによって、仏の生命を我が身に開き、いかなる苦悩も乗り越えていくことができます。また、一人一人がありのままの姿で自分らしく輝いていくことができます。
法華経の虚空会の儀式には、末法という、争いと苦悩の社会にあって、万人の幸福を実現し、平和社会を築く誓いを立てた「地涌の菩薩」が登場します。
日蓮大聖人が現した御本尊に祈ることは、地涌の菩薩の使命を呼び覚ます意義も含まれています。したがって、地涌の菩薩の誓いに生きることが、日蓮仏法の実践の根幹となっています。

このページのトップへ

戻る
次へ