このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 世界平和——広宣流布と立正安国
おすすめコンテンツ
画像 希望の譜 Selection
池田先生の詩を朗読と美しい風景の映像に載せて配信してきた「希望の譜」を厳選いたしました。
画像  仏教ものがたり 釈尊の時代の弟子たち
SOKAnetムービーで配信する動画から「釈迦の弟子」をもとにした創作物語のアニメーションをお届けします。
画像  お役立ち 活動アイテム集
2019年、年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

創価学会について 創価学会の歴史や主な活動について、基本的な情報をご紹介します。

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • THE CONSTITUTION OF THE SOKA GAKKAI
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

教義・理念


世界平和——広宣流布と立正安国

<広宣流布>

 「広宣流布」とは、仏法が説く生命尊厳の思想を根本に、人類の幸福と社会の繁栄、世界平和の実現を目指す運動のことです。
 
会員は、自らの信仰体験や仏法思想を友人や知人に語り、日蓮仏法を基調とした人間主義の運動への理解と共感を広げる対話に取り組んでいます。また、よき市民として、それぞれが属する地域や共同体への貢献を大切にしています。
 
創価学会は、平和・文化・教育の分野でも様々な活動を展開し、現代社会が抱える地球的な諸課題に取り組んでいます。
 
核兵器の脅威を伝える展示や人権教育などの活動を通し、平和の大切さや生命の尊厳、人権の尊重などを訴え、環境保護に関する展示などを通し、地球環境の保全への意識啓発も推進しています。こうした運動は世界各国に広がっています。
 
2013年11月には、創価学会の信仰の中心道場として、東京・新宿区信濃町に「広宣流布大誓堂(だいせいどう)」が完成。大礼拝室には、「広宣流布の御本尊」を安置し、全世界の会員が広宣流布の成就を誓い祈念する「広宣流布誓願勤行会」を開催しています。

<立正安国>

「立正安国」とは、「正を立て、国を安んず」と読みます。「立正」とは、一人一人が自身に内在する根本的な善性(仏の生命)に目覚め、「人間尊敬」「生命尊厳」の哲理を確立すること。「安国」とは、民衆が安心して暮らせる安穏で平和な国土の建設を目指すことです。

 
日蓮大聖人が1260年に鎌倉幕府に提出した「立正安国論」の直接的な執筆の動機は、1257年の「正嘉の大地震」やその前後に相次いだ自然災害・飢饉・疫病により、極限的な状況に置かれた人々の姿を目の当たりにしたことにあります。
 
日蓮大聖人は、民衆の苦悩を救う道を模索し、人間尊敬、生命尊厳の哲理を人々の心に確立することが、安穏な社会を建設する方途であることを「立正安国論」の中で示しました。
 
日蓮大聖人の眼差しはあくまで民衆一人一人の幸福に向けられていました。「立正安国論」の中で用いられた「国」の文字の大半に「口(くにがまえ)」に「民」と書く「●=口に民」をあてていることが、それを端的に表しています。

このページのトップへ

戻る