このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 年間の活動 : 2018年のテーマ
おすすめコンテンツ
画像 九州創価学会公式サイト
九州創価学会公式サイトでは、平和・文化・教育への取り組み、最新のトピックスなどを紹介しています。
画像  研修道場自由見学会
創価学会では、「函館研修道場」 「長野青年研修道場」 「沖縄研修道場」の3会場で「研修道場自由見学会」を実施しています。
画像  ネットでVOD
SOKAチャンネルVOD 教学番組など3番組を追加しました!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
クレアティオ
友人葬
画像 東北「心の福光プロジェクト」
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
This is My Name

創価学会について

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • THE CONSTITUTION OF THE SOKA GAKKAI
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

年間の活動


2018年のテーマ

「世界広布新時代 栄光の年」

創価学会が世界宗教へと大きく雄飛する「世界広布新時代」の前進が勢いを増すなか、明2018年は、私たちが目標としてきた広宣流布大誓堂完成5周年の「11・18」を迎える。さらに、3月16日には歴史的な広宣流布の記念式典から60周年、また8月6日には池田大作先生が小説『新・人間革命』の執筆を開始されて25周年という佳節を刻む。

池田先生は「不思議なる『大法弘通』の時を迎えた今、一人でも多くの新たな地涌の友を誕生させながら、『慈折広宣流布』という幸福と平和の大潮流を起こしていっていただきたい」「さあ、共々に『地よりか涌きたる我なれば この世で果たさん使命あり』と胸を張り、人間革命の栄光の暁鐘を打ち鳴らしていこうではないか!」(2017年9月、「世界広布新時代第27回本部幹部会」メッセージ)と呼び掛けられた。

学会の永遠性を確立する今このとき、各人が自身の生命を光り輝かせ、また青年部・未来部をはじめ多くの人材を光り輝かせ、さらに地域・社会が栄え光っていくように希望と励ましを送りながら、世界広布の峰へと進んでいきたい。

そこで明年のテーマは、目標としてきた栄光の2018年「11・18」を、皆が栄光の歴史で飾りゆこうとの強き決意を込めて、「世界広布新時代 栄光の年」と掲げ、前進していく。

私たちは、「弘教を実らせることほど、すばらしい人生の栄光はありません」(小説『新・人間革命』第29巻「清新」の章)との指針を胸に、いや増して折伏・弘教に取り組んでいきたい。そして創価の〝精神の正史〟である小説『新・人間革命』から師弟の魂を学びながら、栄光の歴史を開いていく。

(2017年11月発表)
1.皆で折伏・弘教に挑み、栄光の「11・18」を拡大で飾ろう!

「人生を勝ち越え、幸福になっていくには、どうすればよいか——。仏の生命も、地獄の生命も、わが心のなかにあります。その仏の生命を涌現させることによって、崩れざる幸せを築いていくことができる。それには、自身の一念を広宣流布に定め、自他共の幸福の実現を誓って唱題し、信心し抜いていくことです。日蓮大聖人は、『我もいたし人をも教化候へ』『力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし』(御書1361ページ)と仰せです。広宣流布に走り、折伏・弘教に生きるならば、わが身に仏の大生命が涌現し、あらゆる人生の苦をば、大歓喜に変えていくことができる」(小説『新・人間革命』第30巻「雄飛」の章)

栄光の「11・18」へ、皆で折伏・弘教、聖教拡大に挑戦し、広宣流布大誓堂完成5周年を拡大で荘厳しよう。
「座談会」に多くの友人を招き、皆で体験を語りながら、仏縁を広げ、育てていこう。
「モバイルSTB」視聴運動を積極的に展開し、またSOKAnetなども活用して、学会理解を深めていこう。
「教学部任用試験(仏法入門)」の会友受験を進め、地区2人以上の合格者を目指そう。
「親族」との交流に力を入れるとともに、近隣友好・地域貢献に積極的に取り組み、職場でも信頼を勝ち取ろう。
2.「3・16」60周年、後継の青年部・未来部を全力で育もう!

「『広宣流布記念の日』の淵源となった昭和33年(1958年)3月16日、つまり『3・16』の儀式というと、時の総理大臣が来る予定であったことが、語り継がれておりますが、それは、決して本質的な問題ではなかった。戸田先生は、そんなことよりも、次の時代の一切を青年に託すという、いわば付嘱の儀式を行おうとされたんです。広宣流布というのは、1万メートル競走のように、ゴールがあって、そこにたどり着いたら、それで終わるというものではない。むしろ、〝流れ〟それ自体であり、常に、いつの時代も青年が先駆となり、原動力となって、さらに〝新しい流れ〟をつくり続けていく戦いなんです」(同第25巻「福光」の章)

「『3・16』60周年記念青年部総会」(仮称)を目指し、青年層の折伏と青年部の拡大に各部一体で総力をあげよう。
学会の永遠性の確立へ、未来部の育成に力を入れよう。各部一体の激励を強化し、任用試験を通して中等部員・高等部員も激励しよう。
「信心の継承」に向け、家族で座談会や本部幹部会中継行事に参加するとともに、中継行事「SOKAキッズフェスタ」(仮称)や「七五三記念勤行会」なども活用しながら、未来部・未就学世代の未入会メンバーの入会を応援しよう。
3.小説「新・人間革命」を学び、自身の人間革命に挑戦しよう!

「(戸田)先生を知る人は多い。直接、指導を受けたという人もいる。しかし、先生に仕え抜き、その遺志を受け継いで、仰せ通りに広宣流布の道を開いてきたのは私だけです。したがって、あえて申し上げるけれども、学会のことも、先生の真実も、誰よりも私がいちばんよく知っている。その意味からも私は、世界の同志が、また、広宣流布のバトンを受け継ぐ後世の人たちが、創価の師弟の道をまっすぐに歩み通していけるように、小説『人間革命』を書き残しているんです」(同第30巻「雌伏」の章)

小説『新・人間革命』第30巻までの読了・熟読に各人が取り組むなかで、実践を通して自分自身の人間革命に挑戦していこう。小説『新・人間革命』の学習会や研さん運動も工夫して進めよう。
「教学の日」「教学試験」などを通して人間主義の仏法の研さんを進め、「行学の二道」に挑戦する人材の増加を目指そう。破邪顕正の教宣活動も着実に進めよう。
リーダーは徹底して「訪問・激励」に動き、一人一人の声に耳を傾け、全力で励ましを送ろう。

次へ