このページの位置情報
  • ホーム > 
  • 創価学会について : 年間の活動 : 2019年のテーマ
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
友人葬
創価学会 総本部
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE
画像 東北「心の福光プロジェクト」

創価学会について

  • 概要
  • 沿革
  • 略年表
  • 会憲
  • THE CONSTITUTION OF THE SOKA GAKKAI
  • 会則
  • 組織・機構
  • 創価学会が目指すもの
  • 三代会長紹介
  • 会長・理事長紹介
  • 各部長紹介
  • 年間の活動
  • 道府県中心会館
  • 入会について

年間の活動


2019年のテーマ

「創立90周年へ 創価勝利の年」

広宣流布大誓堂の完成が「世界広布新時代」の開幕を告げて以降、創価学会は世界宗教へと大きな飛躍を遂げ、文字通り世界広布の上げ潮が築かれてきた。

小説『新・人間革命』が完結し、池田門下の力で新たな歴史を開く今この時、私たちの次なる決勝点は、2020年11月18日の「学会創立90周年」である。明2019年は、その創立90周年を目前にして、広布の山を連続して勝ち越えなければならない重要な年であり、まさに創立90周年への〝勝因〟を築く年である。

2019年の「11・18」には、「創価学会 世界聖教会館」が完成を迎える。この日を目指して、さらには2020年を目指して、今こそ一人一人が創価の旗を高く掲げ、広布拡大・立正安国の言論戦に挑むなかで、大きく境涯を開き、福徳を積み、勝利の人生を歩んでいきたい。

そこで明年のテーマは、創立90周年に向け、断じて連続勝利しゆく強き決意を込めて、「創立90周年へ 創価勝利の年」と掲げ、前進していく。

池田大作先生は、小説『新・人間革命』完結後の初めての随筆で、「さあ、人類が待望してやまぬ『世界広布』即『世界平和』へ、新たな決意で、新たな出発だ。(中略)我らは、共々に『人間革命』の大光を放ちながら、新鮮なる創価の師弟の大叙事詩を綴りゆくのだ! 君と我との誓願の旅を、永遠に!」(「随筆 永遠なれ創価の大城」〈「人間革命」の大光〉)と力強く呼び掛けられた。

「創価の勝利」も、一人一人の「私の勝利」なくしては、あり得ない。

私たちは、小説『新・人間革命』の研さん・熟読を根本に、三代会長が示された「一人立つ精神」「折伏精神」を赤々と燃やし、「自分自身の人間革命」で地域・社会を変えゆく決意で、新たなる連続勝利の歴史をつづりゆこうではないか。

 

(2018年11月発表)
1.創価の勝利を開く「対話拡大」「友好交流」に全力!

「われらは、誇らかに胸を張り、現実の大地をしっかと踏みしめ、一人、また一人と、対話の渦を起こし、平和をめざして、漸進的に立正安国の前進を続ける。そこに、真実の〝民衆勝利〟の道がある」(小説『新・人間革命』第30巻〈下〉「誓願」の章)

  立正安国の前進へ、皆で対話拡大・友好交流に果敢に動き、仏縁と友情を大きく広げ、創価勝利の歴史を開こう。
  近隣友好や地域貢献に積極的に取り組み、職場でも信頼を勝ち取るとともに、家族・親族との交流にも力を入れよう。
2.創立90周年へ、「青年を先頭」に広布の上げ潮!

「青年部の諸君は、峻厳なる『創価の三代の師弟の魂』を、断じて受け継いでいってもらいたい。その人こそ、『最終の勝利者』です。また、それこそが、創価学会が二十一世紀を勝ち抜いていく『根本の道』であり、広宣流布の大誓願を果たす道であり、世界平和創造の大道なんです」(同)

  2020年の「創立90周年」を目指し、青年を先頭に折伏・弘教に挑み、広布拡大の上げ潮を築こう。
  後継の青年部・未来部を育成して新しい力を拡大するとともに、「SOKAキッズフェスタ」「七五三記念勤行会」なども活用しながら、未来部・未就学世代の未入会メンバーの入会を応援しよう。
  拡充された「モバイルSTB」を積極的に活用しよう。座談会や地区協議会などの「会合の充実」はもとより、「訪問・激励」に、さらには「仏法対話」にも有効利用しよう。
3.世界聖教会館の完成を「聖教新聞の拡大」で祝賀!

「広宣流布と社会の未来を思えば思うほど、伸一は、聖教新聞の使命の重大さを痛感するのであった。(中略)伸一は、聖教の新社屋が完成し、この新しき言論城を舞台に、いよいよ本格的な人間主義の大思想運動が巻き起こるのだと思うと、胸が高鳴るのを覚えた」(同第14巻「大河」の章)

  「世界聖教会館」の完成を目指して、皆で聖教新聞の拡大に挑戦しよう。特に下半期は、聖教拡大に挑戦するメンバーを増やしながら、「新規購読」「長期購読」の輪を広げていこう。

4.信心の歓喜あふれる「座談会の充実」で、人材を拡大!

 「学会の座談会は、まさに、人間の勇気と希望と歓喜と、そして、向上の意欲を引き出す〝人間触発〟の海である。(中略)活気にあふれ、企画も創意工夫に富み、充実した座談会が、全国各地で活発に開催されるようになった。民衆の蘇生の人間広場である、『座談会革命』がなされたのである」 (同第13巻「北斗」の章)

  「皆が信心を深める」「皆が主役」の歓喜あふれる座談会を開催しよう。「友人や未入会家族の参加」、また「家族皆での参加」も推進しよう。
  「励まし週間」をはじめとして、リーダーは徹底して「訪問・激励」に動き、一人一人の声に耳を傾け、全力で励ましを送ろう。
  「教学の日」などを通して人間主義の仏法の研さんにも力を入れ、「行学の二道」に挑戦する人材の増加を目指そう。破邪顕正の教宣活動も着実に進めよう。

5.小説『新・人間革命』の研さんで、「自身の人間革命」に挑戦!

「広宣流布という民衆勝利の大叙事詩たる『人間革命』『新・人間革命』は、わが全宝友と分かち合う黄金の日記文書なり、との思いで、私は綴ってきた。(中略)我らは、これからも、未来永遠に、師弟共戦の『誓願』という主題を貫徹しながら、自他共の生命に栄光凱歌の日記文書を厳然と刻みゆくのだ! 『人間革命 光あれ』と」 (「随筆 永遠なれ創価の大城」〈「誓願」の共戦譜〉)

  各人が小説『新・人間革命』の研さん・熟読に取り組み、師弟の道を学び、自ら実践しながら、自分自身の人間革命に挑戦していこう。

次へ