このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
世界青年部総会 特設サイト
創価学会 総本部
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬

会員サポート

2020年5月度 開目抄

「開目抄」234ページ 講師:清水副教学部長 
※2019年10月度から、これまでの「背景」動画の内容を、「解説」の中で合わせて講義しています。

御書拝読

座談会御書e講義 TOPページに戻る

このページのトップへ

座談会御書e講義

2020年5月度 開目抄

講師:清水副教学部長

解説

動画
音声

ポイント

動画
音声

御文拝読

音声のみ
御文

開目抄 御文

通解

私ならびに私の弟子は、諸難があっても、疑う心がなければ、自然に仏界に至ることができる。諸天の加護がないからといって、疑ってはいけない。現世が安穏でないことを嘆いてはいけない。私の弟子に朝夕、このことを教えてきたけれども、疑いを起こして皆、信心を捨ててしまったようである。拙い者の習性として、約束したことを、いざという時には忘れてしまうものである。

語句

天の加護
法華経の行者を守ると誓った諸天善神の加護のこと。

現世の安穏
法華経薬草喩品第5には「現世安穏」とあり、妙法を信受する人は、現世で安穏な境涯を得ると説いている。

まことの時
物事が現実になった時。ここでは、難に直面し、成仏の機会を得た時のこと。

参考

◎人間革命の宗教

この「我並びに我が弟子」との呼び掛けには、いかなる大難が競い起ころうとも、「我が門下よ、二陣、三陣と続きゆけ」との万感の思いが込められていると拝されます。

大聖人と同じ心に立ち「日蓮が一門となりとをし」(御書1360ページ)た時、すでに「成仏への道」、即「使命の大道」は広々と開かれているのです。

(『人間革命の宗教』298ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。