このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
世界青年部総会 特設サイト
創価学会 総本部
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬

会員サポート

2020年8月度 転重軽受法門

「転重軽受法門」1000ページ 講師:西田副教学部長 
※2019年10月度から、これまでの「背景」動画の内容を、「解説」の中で合わせて講義しています。

御書拝読

座談会御書e講義 TOPページに戻る

このページのトップへ

座談会御書e講義

2020年8月度 転重軽受法門

講師:西田副教学部長

解説

動画
音声

ポイント

動画
音声

御文拝読

音声のみ
御文

転重軽受法門 御文

通解

涅槃経に転重軽受という法門がある。宿業が重く、今のこの一生に尽きないで、未来世に地獄の苦しみを受けなければならないところが、今のこの一生でこのような重い苦しみにあったので、地獄の苦しみがぱっと消えて、死んだら、人・天や声聞・縁覚・菩薩の三乗、一仏乗の利益を得ることがあるのである。

語句

涅槃経
釈尊の臨終を舞台にした大乗経典。

転重軽受
「重きを転じて軽く受く」と読み下す。正法を護持する功徳の力によって、未来世にまで続く過去世の重罪を転じて、現世でその報いを軽く受け、消滅させること。

三乗
声聞乗・縁覚乗・菩薩乗のこと。それぞれ声聞・縁覚・菩薩の覚りを得るための教え。ここでは、得られた声聞・縁覚・菩薩の境地。

一乗
一仏乗のこと。成仏への唯一の教えのこと。ここでは得られた仏の境地。

参考

◎開目抄講義 第15回「転重軽受」

宿業の苦しみは断じて消える!

不幸の闇を払い、勝利の太陽が昇る!

これが日蓮大聖人の大確信であられます。まさに、宿命転換の仏法とは、希望の宗教であり、幸福革命の宗教の異名に他なりません。

また、これまでの悪から悪への六道輪廻をとどめて、生々世々、人界・天界・声聞界・縁覚界・菩薩界そして仏界の利益を得ていけると仰せです。つまり、今世の転換を起点にして、善から善への流転に入ることができるのです。

(『開目抄講義(下)』113ページ)

 

◎全国最高協議会(2002年12月25日)でのスピーチ

仏法は「変毒為薬」の大法である。何があろうとも、必ず乗り越えていくことができる。また一つずつ絶対に打開できるように試練が現れてくるのが、「転重軽受」の甚深の法門である。

ゆえに、宿命転換の戦いに、断じて負けてはならない。

どんなに大変なことがあろうと、妙法を唱え、仏意仏勅の学会とともに生きぬく人は、厳として守護され、必ずや良い方向へ向かっていく。所願満足の幸福の軌道を歩んでいけることは、御聖訓に照らして、間違いない。

(『池田大作全集 第94巻』238ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。