このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
創価学会 総本部
SDGsへの取り組み
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬

会員サポート

2020年12月度 妙密上人御消息

「妙密上人御消息」1241ページ 講師:村田副教学部長 
※2019年10月度から、これまでの「背景」動画の内容を、「解説」の中で合わせて講義しています。

御書拝読

座談会御書e講義 TOPページに戻る

このページのトップへ

座談会御書e講義

2020年12月度 妙密上人御消息

講師:村田副教学部長

解説

動画
音声

ポイント

動画
音声

御文拝読

音声のみ
御文

妙密上人御消息 御文

通解

金は、焼けばいよいよ色が良くなり、剣は、研げばいよいよ良く切れるようになる。(同じように)法華経の功徳を讃えるなら、ますます功徳が勝っていく。(法華経)28品は、法理の真髄を説くところは、わずかであるが、讃える言葉こそ多くあることを、心得ていきなさい。

参考

◎開目抄

「一念三千の法門は但法華経の本門・寿量品の文の底にしづめたり」

(御書189ページ)

 

◎勝利の経典『御書』に学ぶ 妙密上人御消息

法華経二十八品全体が、その万人成仏の法理の功徳を、釈迦・多宝・十方の諸仏をはじめ、あらゆる衆生が口をそろえて賞讃し、全人類に妙法の受持を勧めている経典であるといえます。文底から拝するならば、法華経全体が、南無妙法蓮華経の功徳を賞讃しているのです。

(『勝利の経典「御書」に学ぶ 6』118ページ)

 

◎新・人間革命 前進の章

折伏も、指導も、仏法の偉大さを語り、讃えることにほかならない。その学会活動の功徳、福運の大きさはいかばかりか。

(『新・人間革命』第18巻232ページ)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。