このページの位置情報
ニュース・トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
聖教ブックストア
創価学会 総本部
SDGsへの取り組み
SaveLifeプロジェクト
画像 インスタグラムQAサイト
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬
SOKAチャンネル VOD番組ガイド

会員サポート

2021年3月度 乙御前御消息

「乙御前御消息」1221ページ 講師:原田副教学部長 
※2019年10月度から、これまでの「背景」動画の内容を、「解説」の中で合わせて講義しています。

御書拝読

座談会御書e講義 TOPページに戻る

このページのトップへ

座談会御書e講義

2021年3月度 乙御前御消息

講師:原田副教学部長

解説

動画
音声

ポイント

動画
音声

御文拝読

音声のみ
御文

乙御前御消息 御文

通解

いよいよ強盛な信心を、起こしていきなさい。氷は水からできるが、水よりも冷たい。青い色は、藍という草から生まれるが、重ねて染めれば、藍よりも色が鮮やかになる。同じ法華経ではあっても、信心を重ねていくならば、他人よりも生命の輝きが増し、利益もあらわれてくるのである。

語句

青き事は藍より……藍よりも色まさる
藍はタデ科の植物で、古来、青色の染料として用いられている。藍から作った染料は、何度も重ねて染めることで、濃く鮮やかな青色を出すことができる。

利生
仏が衆生を利益すること。

参考

◎勝利の経典『御書』に学ぶ 乙御前御消息

大事なことは、常に前進の方向へ一念を定めることです。壁を乗り越える挑戦自体が、自身の境涯を確実に広げていく因となることは間違いありません。戦えば必ず生命は変わります。宿命は絶対に転換できる。

その意味でも、行き詰まった時こそが本当の勝負です。行き詰まりを打開する力こそ、「いよいよ強盛」の信心です。

(『勝利の経典「御書」に学ぶ 3』89ページ)

 

◎兵衛志殿御返事

「いよいよ・はりあげてせむべし」

(御書 1090ページ)

 

◎四条金吾殿御返事

「いよいよ強盛に大信力をいだし給へ」

(御書 1192ページ)

 

◎上野殿御返事

「いよいよ強盛なるべし」

(御書 1512ページ)

 

◎新年勤行会(2021年)への池田先生のメッセージ

広宣流布とは、自他共の仏性を呼び覚ます運動であり、人類を仏と同じ境涯に高めゆくための、間断なき、そして壮大な戦いです。

とりわけ、これからの10年は、末法万年尽未来際へ大河の流れを安定、恒久化させていく勝負の時であります。その出発となる重要な本年を、いよいよ仲良く、朗らかにスクラムを組んで前進し、一つ一つの課題に勝利していきたいと思うのであります。

(聖教新聞2021年1月6日付)

※「御文」「通解」「語句」は、大白蓮華の座談会拝読御書を参考にしております。

※個別の端末によって、音声プレイヤーの動作・表示が通常と異なる場合がございます。