このページの位置情報
おすすめコンテンツ
画像 音楽の祭典2017
日本を代表する音楽団体である創価学会音楽隊。3団体の華麗なる競演をお楽しみください。
画像  小説『人間革命』に学ぶ
『人間革命』、『新・人間革命』の名場面や識者から寄せられた声を紹介します。
画像  活動アイテム集
年賀状テンプレートを配信しています!
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
画像 東北「心の福光プロジェクト」
画像 熊本地震への対応について

会員サポート

日蓮大聖人御書全集 全文検索

御書本文

四条金吾殿御返事
1,143ページ
四条金吾殿御返事

 四条金吾殿御返事

 一切衆生・南無妙法蓮華経と唱うるより外の遊楽なきなり経に云く「衆生所遊楽」云云、此の文・あに自受法楽にあらずや、衆生のうちに貴殿もれ給うべきや、所とは一閻浮提なり日本国は閻浮提の内なり、遊楽とは我等が色心依正ともに一念三千・自受用身の仏にあらずや、法華経を持ち奉るより外に遊楽はなし現世安穏・後生善処とは是なり、ただ世間の留難来るとも・とりあへ給うべからず、賢人・聖人も此の事はのがれず、ただ女房と酒うちのみて南無妙法蓮華経と・となへ給へ、苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき苦楽ともに思い合せて南無妙法蓮華経とうちとなへゐさせ給へ、これあに自受法楽にあらずや、いよいよ強盛の信力をいたし給へ、恐恐謹言。
 建治二年丙子六月二十七日 日 蓮花押
 四条金吾殿御返事

前のページ
タイトル 聖寿 対告衆 述作地
四条金吾殿御返事 55   身延

このページのトップへ