このページの位置情報
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬
創価学会 総本部
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE

会員サポート

テーマ別御書要文集

  • 信心の基本
  • 実践
  • 宿命転換
  • 仏法と社会
  • 仏法と社会
  • 立正安国
  • 生命とその尊厳
  • 言動・振る舞い
  • 周囲の人を大切に
  • 用心
  • 人生・生き方
  • 親子・孝養
  • 婦人と信仰
  • 出産

仏法と社会

仏法と社会

国土乱れん時は先ず鬼神乱る鬼神乱るるが故に万民乱る

立正安国論P19

天晴れぬれば地明かなり法華を識る者は世法を得可きか

如来滅後五五百歳始観心本尊抄P254

是の法は法位に住して世間の相常住なり

当体義抄P511

仏法やうやく顛倒しければ世間も又濁乱せり、仏法は体のごとし世間はかげのごとし体曲れば影ななめなり

諸経と法華経と難易の事P992

先ず五節供の次第を案ずるに妙法蓮華経の五字の次第の祭なり、正月は妙の一字のまつり天照太神を歳の神とす、三月三日は法の一字のまつりなり辰を以て神とす、五月五日は蓮の一字のまつりなり午を以て神とす、七月七日は華の一字の祭なり申を以て神とす、九月九日は経の一字のまつり戌を以て神とす、此くの如く心得て南無妙法蓮華経と唱へさせ給へ現世安穏後生善処疑なかるべし

秋元殿御返事P1070

中務三郎左衛門尉は主の御ためにも仏法の御ためにも世間の心ねもよかりけり・よかりけりと鎌倉の人人の口にうたはれ給へ

崇峻天皇御書P1173

御みやづかいを法華経とをぼしめせ、「一切世間の治生産業は皆実相と相違背せず」とは此れなり

檀越某御返事P1295

王法の曲るは小波・小風のごとし・大国と大人をば失いがたし、仏法の失あるは大風・大波の小船をやぶるがごとし国のやぶるる事疑いなし

神国王御書P1521

法妙なるが故に人貴し・人貴きが故に所尊しと申すは是なり

南条殿御返事P1578

まことの・みちは世間の事法にて候、(中略)彼れ彼れの二経は深心の経経なれども彼の経経は・いまだ心あさくして法華経に及ばざれば・世間の法を仏法に依せてしらせて候、法華経はしからず・やがて世間の法が仏法の全体と釈せられて候。爾前の経の心心は、心より万法を生ず、譬へば心は大地のごとし・草木は万法のごとしと申す、法華経はしからず・心すなはち大地・大地則草木なり、爾前の経経の心は心のすむは月のごとし・心のきよきは花のごとし、法華経はしからず・月こそ心よ・花こそ心よと申す法門なり

白米一俵御書P1597

このページのトップへ