マンガで学ぶ日蓮大聖人の御生涯

日蓮大聖人の御生涯―それは、全人類の不幸を根絶し、すべての人々に仏の境涯を開かせたいとの誓願と慈悲に貫かれた妙法弘通の御一生でした。そして、民衆の幸福を阻む一切の悪を責め抜き、大難に次ぐ大難の御生涯でもありました。

創価学会は、民衆の幸福を願い救済し続けた日蓮大聖人を末法の御本仏と仰ぎ、その生涯をあらゆる機会に学んでいます。
このコミックでは、日蓮大聖人の御生涯をコミックでわかりやすく紹介しています。

コミックコミック

第1話

あらすじ

1222 年安房国に生まれた日蓮大聖人。
民衆を不幸から救うために勉強を重ね、立宗宣言を。
弘教を開始された大聖人に数々の迫害が競い起こります。

文字が読みづらい場合はブラウザ上で拡大してご覧ください

第2話

あらすじ

大聖人への迫害は激しさを増し、幕府からの尋問にも屈しなかった大聖人はついに斬首(竜の口の法難)へと連行されます。

文字が読みづらい場合はブラウザ上で拡大してご覧ください

〜第2話からもっと学ぼう〜

第3話

あらすじ

佐渡流罪を耐え抜かれた大聖人は赦免となり鎌倉へ。
三度目となる国主諫暁を行います。
身延に入山されてからは、後継の育成に全力を注がれます。

文字が読みづらい場合はブラウザ上で拡大してご覧ください

ダウンロード

3話分まとめてPDFをダウンロードできます。
「ダウンロードする」ボタンを押していただくとPDFが開きますので名前を付けて保存してください。

PDFをダウンロードする

登場人物登場人物

日蓮大聖人の御生涯に登場する主な人物です。

日蓮大聖人と弟子たち

大聖人の弟子として、大聖人の御入滅まで常随給仕し、後継を託された。

大聖人門下の武士。鎌倉の在家の中心として活躍。北条氏の一族・江間家に仕えた。

熱原の法難で殉教した神四郎、弥五郎、弥六郎のこと。

当時の権力者たち

真言律宗の僧。慈善事業を行い、”生き仏”のごとく振る舞ったが、その裏では、主要街道で通行料をとるなど、利権を貪り、民衆を圧迫。僭聖増上慢。

鎌倉時代の武将。侍所の所司。大聖人の門下を迫害した張本人。北条家の有力家臣として、警察権力等を握ったが、後に反逆罪で断罪され、一族は滅亡した。

鎌倉時代の武将で地頭。念仏の強信者で、立宗宣言を行った大聖人を迫害した。

鎌倉幕府の第5代執権。執権職を退いた後も、当時の最高権力者であった。

略年譜略年譜

日蓮大聖人の御生涯略年譜

元号(西暦)

月日

聖寿

出来事

貞応元年(1222年) 2月16日 1歳 安房国長狭郡東条郷の片海に御誕生
建長5年(1253年) 4月28日 32歳 清澄寺で立宗宣言
文応元年(1260年) 7月16日 39歳 立正安国論を北条時頼に提出し、諌暁する
直後に、松葉ケ谷の法難(7月または8月)
弘長元年(1261年) 5月12日 40歳 伊豆に流罪される
文永元年(1264年) 11月11日 43歳 小松原の法難
文永5年(1268年) 10月11日 47歳 十一通御書をしたため、各所に送る
文永8年(1271年) 9月12日
10月10日
50歳 竜の口の法難
流罪地・佐渡に向かう
文永9年(1272年) 1月16、17日
2月
2月
51歳 塚原問答
鎌倉と京都で内乱(二月騒動)
開目抄を著す
文永10年(1273年) 4月25日 52歳 観心本尊抄を著す
文永11年(1274年) 3月26日
4月8日
5月17日
10月
53歳 佐渡から帰還され、鎌倉に着く
平左衛門尉と会見、年内の蒙古襲来を予言
身延に入る
蒙古の大軍が九州を襲う(文永の役)
弘安2年(1279年) 9月21日 58歳 熱原の農民信徒20人が捕らえられる
弘安4年(1281年) 5月~ 60歳 蒙古襲来(弘安の役)
弘安5年(1282年) 10月13日 61歳 武蔵国の池上宗仲邸で御入滅

1歳

貞応元年(1222年)

2月16日

安房国長狭郡東条郷の片海に御誕生

32歳

建長5年(1253年)

4月28日

清澄寺で立宗宣言

39歳

文応元年(1260年)

7月16日

立正安国論を北条時頼に提出し、諌暁する

直後に、松葉ケ谷の法難(7月または8月)

40歳

弘長元年(1261年)

5月12日

伊豆に流罪される

43歳

文永元年(1264年)

11月11日

小松原の法難

47歳

文永5年(1268年)

10月11日

十一通御書をしたため、各所に送る

50歳

文永8年(1271年)

9月12日

竜の口の法難

10月10日

流罪地・佐渡に向かう

51歳

文永9年(1272年)

1月16、17日

塚原問答

2月

鎌倉と京都で内乱(二月騒動)

2月

開目抄を著す

52歳

文永10年(1273年)

4月25日

観心本尊抄を著す

53歳

文永11年(1274年)

3月26日

佐渡から帰還され、鎌倉に着く

4月8日

平左衛門尉と会見、年内の蒙古襲来を予言

5月17日

身延に入る

10月

蒙古の大軍が九州を襲う(文永の役)

58歳

弘安2年(1279年)

9月21日

熱原の農民信徒20人が捕らえられる

60歳

弘安4年(1281年)

5月~

蒙古襲来(弘安の役)

61歳

弘安5年(1282年)

10月13日

武蔵国の池上宗仲邸で御入滅