持続可能な社会は“一人の心の変革と行動”から――展示を通じたESD(教育)運動

2020.12.17
  • [アイコン]04_質の高い教育をみんなに

創価学会は、ブラジルのリオデジャネイロで1992年に行われた国連環境開発会議(地球サミット)を機に、展示を通じた「持続可能な開発のための教育(ESD)」の運動に取り組み始めました。

「希望の種子」展を5大陸40カ国・地域で開催

中でも2010年からは、コスタリカに本部を置く国際NGO・地球憲章インタナショナルと創価学会インタナショナル(SGI)が共同制作した環境展示「希望の種子」展が、この10年間で、5大陸40カ国・地域を巡回。〝持続可能な社会は一人の心の変革と行動から始まる〟とのメッセージを発信してきました。

それらの展示は、池田大作SGI会長が2002年の環境提言で提唱した、環境教育において重要な「学ぶ」「生き方を見直す」「行動に踏み出す」という3つのステップに則っています。

「希望と行動の種子」展をリニューアル

この度、「希望の種子」展をリニューアルし、「希望と行動の種子」展を作成しました。(※現在は英語版のみ公開。日本語版は2021年4月以降に完成予定です)

SDGsの目標4は教育に関するものですが、その中のターゲット4.7は、「2030年までに持続可能な開発と持続可能なライフスタイル(中略)などの教育を通じて、すべての学習者が持続可能な開発を推進するための知識とスキルを獲得するようにする」としています。

その達成に貢献するため、また国連教育科学文化機関(ユネスコ)による新たな国際枠組み「持続可能な開発のための教育:SDGs達成に向けて(ESD for 2030)」を推進するツールとして、今後オンライン上も含め、活用していきます。

「希望と行動の種子」展から(主な内容を紹介)

自然環境や人類の生命を支える複雑な生態系は、人類の活動によって急激に悪化しています。また気候変動は現代の特に深刻な問題です。

例えば2019年時点で、哺乳類の25%、両生類の41%、珊瑚の33%が絶滅の危機に瀕しています。2010年から15年の間に3200万ヘクタールの熱帯雨林が失われました。

マハトマ・ガンジーはかつて「地球には、人間に必要なものは充分にありますが、人間の欲を満たせるほどのものはありません。」と述べました。私たちが直面している地球的な課題は相互に関係しあっており、その中核には、人間の自己中心性があるのではないでしょうか。

そうした問題の克服を目指し、2015年には国連で持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。SDGsは、相互に連関している17の目標から成り、貧困、不平等、気候変動、環境破壊、平和と正義など、地球的な課題の解決に向けての具体的なビジョンを示しています。達成目標年は2030年です。

しかし、問題が深刻で社会が複雑さを増す中、私たちは自身の無力さに打ちのめされそうになっているかもしれません。私たちには「心の変革」が必要です。

そうした中にあって、2000年に制定された地球憲章は大きな羅針盤になるものと思います。その前文は、「基本的ニーズが満たされている生活の中にあって、人類の発展とは、私たちが人間的により成長することであり、必要以上に物を所有することではない」と謳っています。

地球憲章は、公正かつ持続可能で、平和な未来を築くための価値観と理念をまとめたもので、「持続可能な世界」への青写真を示しているのです。

また世界に目を向ければ、自らの心を変革して、周囲の環境の変化のために挑み行動する、世界の模範ともいうべき人々が存在しています。