【被爆証言】父娘でつなぐ長崎の心

2021.09.01
  • [アイコン]04_質の高い教育をみんなに

1945年8月9日、広島への投下からわずか3日後、長崎に第2の原爆が投下されました。当時10歳だった木村光盛(きむら・みつもり)さん(86歳)は、爆心地から1.3キロの自宅で被爆。
妹は投下時に、弟と母は被爆の影響で亡くなりました。光盛さん自身も長らく貧血などの症状に悩まされました。

娘の木村靖子(きむら・やすこ)さんは、10歳の時に父・光盛さんから被爆体験を聞き、被爆二世として、学生時代から平和活動に取り組んできました。

日本の平和、世界の平和を守っていく一人として、親子で語り継いでいく思いを語ってくれました。

※本記事は、2021年8月8日に開催された創価学会青年部主催の「戦争・被爆証言会(長崎)」の映像内容を記事にしたものです。

一家で営む食堂 町内の子どもたちが集まる場所

(以下証言、光盛さん)
1945年、私は山里国民学校の4年生で10歳、両親と9歳、8歳の2人の妹、2歳と1歳の弟の7人家族で暮らしていました。

私の父は1937年に出兵しましたが、けがで5年後に復員。その後、一家で食堂を営んでいました。

わが家は爆心地から1.3キロの長崎市家野町に位置し、すぐ近くには兵器工場がありました。

あの当時は、毎日のように警戒警報のサイレンが鳴っており、4年生の4月から、警戒警報が鳴ったら、学校からすぐに帰ったり、学校は休みになったりしました。

1945年8月は今と同じく夏休み。うちの食堂が広かったので、町内の小学生は、わが家に集まって、勉強するようになっていました。

8日の夕刻、空襲警報が鳴り、近所の人と一緒に、町内の防空壕(ごう)に避難。9日朝には、警戒警報に変わったので、みんなで自宅に帰りました。

その日も、いつものように、うちの食堂に小学生が集まり、私と2歳下の妹も、一緒に勉強をしていました。
2歳の弟は、テーブルの下で遊んでいたと記憶しています。 母と一緒に、1歳の弟を背負った年子(としご)の妹は食堂の厨房で、昼ご飯の準備をしていました。父も仕事を終え、ちょうど帰ってきたところでした。

すさまじい轟音、がれきの下敷きに

そして11時2分、ドカーンとすさまじい轟音(ごうおん)が鳴り響き、建物は激しく揺れました。私は“自分の家に大きな爆弾が落ちた”と思い、すぐに母がいる厨房へ走って逃げる途中、家の裏から青い光が入ってくるのが見えました。


<長崎原爆資料館 所蔵>

これが原子爆弾だということは、後なって知りました。

その後、家は崩れ、気が付くと私は倒れた家の下敷きになっていました。

私は父の大きな四角い下駄(げた)を履いていたことが幸いし、それが偶然立って柱を支え、厨房の崩れたわずかな空間にいました。

“自分の家だけに爆弾が落ちた”と思っていた私は、外に向かって「助けてくれー、助けてくれー」と叫んでいました。

ほどなくして母ががれきを押しのけてくれ、9歳の妹と1歳の弟と一緒に、4人で外に出ました。

幸いにも4人ともけがはありませんでした。外の光景を目にした私は、茫然(ぼうぜん)となりました。

わが家の周りのほとんどの建物が崩れています。爆心地付近は火の海になっており、多くの人が逃げてきていました。 炎が渦を巻いているように、舞い上がり、言葉を失いました。

次のページ≫悲惨な現実、まひする感覚