【被爆証言】「大思想は原爆を恐れじ」――原爆の後遺症を乗り越えて、“ヒロシマの心”を語り継ぐ

2020.08.20
  • [アイコン]04_質の高い教育をみんなに

1945年8月6日、人類史上最初の原子爆弾が、広島に投下されました。死者数はその年の年末までに推定14万人。生き延びた被爆者の多くが、さまざまな後遺症に苦しめられました。当時小学1年生だった松浦悦子さん(82歳)が、原爆症の恐怖を乗り越えた被爆体験を語ってくれました。

※本記事は、2020年8月6日に開催された創価学会青年部主催の「オンライン証言を聞く会(広島)」の映像内容を記事にしたものです。

『広島市に新型爆弾が落ちたので、汽車は出ません』

──私は原爆投下の4カ月前に当たる、1945年(昭和20年)4月、小学校の1年生として、国民学校に入学しました。

<小学一年生の頃>

戦争が激しくなっていた当時、毎日の授業は戦争の歌や、机の下にもぐる練習ばかりでした。4年生以上の上級生は、疎開といって、田舎に住む親戚の家に避難していきました。

私の兄妹の6年生の兄と、4年生の姉は、広島市から汽車で1時間ほど離れた田舎に先に疎開していて、私は毎日寂しく感じていました。

そのような時、母のお腹には弟がおり、母はお産をするため、田舎に行くことになり、私も付いて行きました。

無事に弟が生まれて1カ月がたった8月5日、広島市にいた父が、私たちを迎えに田舎に来ました。

当時、汽車の乗車券は発売制限があり、家族全員で広島市に帰ることはできませんでした。父は幼い私だけを連れて先に帰ろうとしました。

でも私はお母さんと離れたくありませんでしたので、発車間際の汽車の中で、「明日、お母さんと帰る」とわがままを言って、汽車から飛び降りました。仕方なく父は一人で汽車に乗り、広島市に戻っていきました。

翌日の8月6日の朝、私は母と弟と一緒に、広島行きの汽車に乗ろうと、駅に来ました。しかし、いつまでたっても汽車が来ません。

貼り紙には、こう書いてありました。『広島市に新型爆弾が落ちたので、汽車は出ません』 原子爆弾なんて言葉も知らない時代です。広島市に帰った父の安否が気遣われたものの、引き返すしかありませんでした。