このページの位置情報
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
「インスタグラムQ&Aサイト」を公開しました。
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬
創価学会 総本部
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内
  • モスクワ大学 名誉博士
  • ソフィア大学 名誉博士
  • 北京大学 名誉教授
  • フィリピン大学 名誉法学博士
  • アンカラ大学 名誉社会科学博士
  • ナイロビ大学 名誉文学博士
  • 国立ローマス・デ・サモーラ大学 名誉博士・法学部名誉教授
  • グラスゴー大学 名誉博士
  • トリブバン大学 名誉文学博士
  • デンバー大学 名誉教育学博士
  • ハバナ大学 名誉人文学博士
  • 慶煕大学 名誉哲学博士
  • 主な憲章 トップへ

グラスゴー大学 名誉博士

産業革命の牽引力 グラスゴー大学

写真 グラスゴー大学の外観
グラスゴー大学

写真 アダム・スミスとワット
アダム・スミス(左)とワット(右)

スコットランドは、18世紀初頭から始まる産業革命を牽引した地である。価値あるものをいかに生み出すか——スコットランドには、実学を重視する気風が根づき、19世紀初め、世界に先駆けて、社会に貢献した人物を広く讃える「名誉博士」制度が生まれたといわれている。

スコットランドの緑豊かな文化都市・グラスゴーの中心地に神学の大学として、グラスゴー大学が創立されたのは、1451年のことである。

英国七大学の一つに数えられる同大学は、“古典派経済学者の父”アダム・スミスの母校であり、実学教育の淵源として世界で初の工学部が設置された大学である。蒸気機関を発明したワットも学んだグラスゴー大学は、現代世界の発展を決定づけた産業革命の電源地であった。

この歴史と伝統を誇るグラスゴー大学から池田大作先生に名誉博士号授与との決定通知が届いた。

このページのトップへ

名誉博士号授与の決定

写真 民音が招へいした英国ロイヤル・オペラのワンシーン
英国ロイヤル・オペラを民音が招へい(1986年9月)

写真 マンロー教授と池田大作先生
マンロー教授とグラスゴー大学にて(1994年6月)

グラスゴー大学で最も権威ある機関である講座教授会。
議長を務めるマンロー教授が、池田大作先生を同大学の名誉博士に推挙。諮問委員会等の厳正な審査で、池田先生の教育・文化・平和活動が評価され、名誉博士号の授与は決定された。

池田先生が創立した民主音楽協会(民音)はイギリスから、ロイヤル・オペラやロイヤル・バレエ団などを日本に招へい。民音主催の日本舞踊の公演もイギリス各地で催された。

1991年に、イギリスで「ジャパン・フェスティバル」が開催された折には、エディンバラのスコットランド王立美術館で、池田先生が創立者である東京富士美術館主催の「日本美術の名宝展」を開催している。

さらに、創価大学とグラスゴー大学は、1989年に学術交流協定を締結。推薦留学や語学研修等を通じて、交流を深めてきた。

このページのトップへ

名誉博士号授与式

写真 ケアンクロス卿と池田大作名誉会長
ケアンクロス卿から名誉博士号のフード、証書が授与された(1994年6月)

写真 1882年に建築されたビュート・ホールで行われた授与式
1882年に建築されたビュート・ホールにパイプオルガンが厳粛に鳴り響く

1994年6月15日、グラスゴー大学ビュート・ホールで池田大作先生に名誉博士号が授与された。

池田先生の推挙人である、グラスゴー大学講座評議会のマンロー議長が「推挙の辞」を述べる。
「池田氏のダイナミックな活力と創価学会の力は、日本の社会の発展に貢献され、貢献の度合いは、どんどん大きくなっております。また、そのエネルギーは世界に広がっております。」
「池田氏は、世界の平和に尽力されています。特に国連支援に貢献されるとともに、仏教者の視点から、国際問題について世界の主要大学で講演もしておられます」
「池田氏は国際的な人道主義者であり、世界の文化界にとって重要な人物であります」
と語り、名誉博士号の授与を総長に要請する、と結んだ。

要請を受け、総長のケアンクロス卿が名誉博士号の授与をラテン語で宣言。池田先生に名誉博士のフード、証書が授与された。

このページのトップへ