このページの位置情報
トピックス
創価学会の最新のニュースや話題を紹介しています。
ソウカネットムービー
創価学会の活動や理念、識者からの声など、さまざまな動画をご覧いただけます。
画像 YouTube SOKAnetチャンネル
ネットでVOD
教学用語検索
友人葬
創価学会 総本部
SOKAチャンネル VOD番組ガイド
SOKA ONLINE STORE

池田大作名誉会長の足跡

  • 信念と行動
  • 世界交友録
  • 講演・提言
  • 主な顕彰
  • 最近の著作案内
  • アーノルド・J・トインビー博士
  • 周恩来氏
  • ミハイル・ゴルバチョフ氏
  • ライナス・ポーリング博士
  • ヘンリー・A・キッシンジャー氏
  • パトリシオ・エイルウィン氏
  • アウレリオ・ペッチェイ氏
  • A・ペレス・エスキベル博士
  • ワンガリ・マータイ博士
  • ソニア・ガンジー氏
  • ユーディー・メニューイン氏
  • ワレンチナ・テレシコワ氏
  • 世界交友録
タイトル 女性初の宇宙飛行士 ワレンチナ・テレシコワ氏
コメント 池田会長は我が国に来られるたびに友情の果実を残してくださいます

人類初の女性宇宙飛行士との会見

写真 初会見の席上(左から3人目がテレシコワ氏、右から3人目が池田先生)(1975年5月26日、モスクワ)
初会見の席上(左から3人目がテレシコワ氏、
右手前から4人目が池田大作先生。1975年5月26日、
モスクワ)
「カモメさんに、お会いできました!」池田大作先生の第一声に、ぱっと笑顔の花が咲いた。
“カモメさん”と呼ばれた女性初の宇宙飛行士。ワレンチナ・テレシコワ氏は1975年5月、池田先生と会見した。
「なぜ宇宙飛行士に?」との池田先生の問いかけに、テレシコワ氏は静かに語り始めた。「宇宙へ行きたい」と思ったのは、ガガーリン少佐が人類初の宇宙飛行を成功させた時(1961年4月)だったという。「男が飛んだんだから、この次は女の番だね」その日、何気ない母の言葉が心を打った。戦争のため、幼くして父親を失ったテレシコワ氏。厳しい環境の中、女手ひとつで育ててくれた母親の存在が支えだった。
テレシコワ氏は、働きながら工学を学び、地元の航空クラブでスカイダイビングを行っていた。1962年、400人を超える候補の中から女性宇宙飛行士に選抜。想像を絶する厳しい訓練を経て、念願の宇宙へ飛び立った——。

このページのトップへ

世界のすべての母の幸福を

写真 女性初の宇宙飛行を果たしたテレシコワ氏
女性初の宇宙飛行を果たしたテレシコワ氏
「ヤー、チャイカ(私はカモメ)!」
63年6月16日、ソ連の宇宙船ボストーク6号から、弾んだ声が世界に向けて発信された。人類で初めて女性が宇宙に飛び出した瞬間だった。「カモメ」は、テレシコワ氏が交信するときに使うよう決められたコールサイン(呼び名)だった。
氏は宇宙から地球を見てふるさとの母親を思った。祖国の上空に差しかかると、母への感謝を発信した。“わが母と、世界のすべての母親の幸福を希望する”——と。

このページのトップへ

平和への願い

写真 池田大作先生夫妻を見送るテレシコワ氏(1987年5月26日、モスクワ)
池田先生夫妻を見送るテレシコワ氏
(1987年5月26日、モスクワ)
1987年5月、池田先生はモスクワを訪問。「核の脅威展」を開催し、ルイシコフ首相や各界の代表と会見した。テレシコワ氏は、ソ連対外友好文化交流団体連合会議長として諸行事を支えた。
「ようこそ。訪ソのたびに友情の果実を残していかれる池田会長の来訪を、心から楽しみにしておりました」(テレシコワ氏)
「私どもへの万般にわたるご厚情とご配慮に、深く感謝したい。細やかな心遣いに、心から感嘆しております」(池田先生)
テレシコワ氏は語った。「宇宙に出ると、地球がいかにも小さくて壊れやすいものに感じられます。小さく青く輝く地球。この青さを核戦争の黒い灰でおおってはいけません」「私たちは皆、『地球号』という大きな宇宙船で一緒に飛んでるのですから」

このページのトップへ

ワレンチナ・テレシコワ
ソ連の宇宙飛行士。1963年6月、女性初の宇宙飛行に成功。70時間50分の飛行で地球を48周した。女性単独では史上、ただ一人。ソ連婦人委員会議長、ソ連対外友好文化交流団体連合会議長、ロシア国際科学文化協力センター議長などを歴任。