写真  福島の郡山市内で原田会長が被災した友を激励
原田会長が被災した友を激励(福島・郡山市内で)
写真  福島・いわき市内で永石婦人部長が被災した友を激励
永石婦人部長が被災した友を激励(福島・いわき市内で)

台風19号の被災地では、懸命の支援活動と激励が続いている。

2019年10月19日、原田会長は、阿武隈川が氾濫するなど市街地にも浸水被害が広がった福島・郡山市の会員宅を訪れた。
会長は「これから、これからが大事です」と強調し、「お力を落とされませんよう、どうか頑張ってください」と渾身の励ましを送った。
さらに、片付けを手伝う会員にも感謝を伝え、再起を誓い合った。

一方、永石婦人部長は、同市田村町の会員宅へ。
「この困難を信心で乗り越えていきましょう」と語った。
その後、同町の会員宅を訪れ、激励した。

20日には、前日の福島・郡山市に続き、夏井川などが決壊により、4000棟以上が床上浸水し、広域的な断水が続くなど甚大な被害が広がるいわき市を訪問し、励ました。