写真 高木総千葉長が床上浸水に遭った茂原市の友を激励
高木総千葉長が床上浸水に遭った茂原市の友を激励

2019年10月25日、台風19号で大きな被害を受けた東日本の各地では、記録的な大雨に見舞われた。

千葉の災害対策本部(本部長=高木総千葉長)と東北の対策本部(本部長=盛島東北長)では、学会本部と連携を密にしながら、新たな被害状況の把握に努め、被災した方々の激励に全力を注ぐ。

高木総千葉長は26日、今回の大雨で特に被害の大きかった茂原市と長柄町へ。小谷第2千葉総県長、茂原未来県の髙橋清広県長らと協力し、浸水などの被害に遭ったメンバー宅を一軒一軒、訪問して励ましを送った。