学会本部では、台風19号で甚大な被害を受けた自治体に対して、義援金を寄託することを決定した。

2019年12月4日、中野信越長、青木総長野長らが長野・佐久穂町役場佐久庁舎を訪れ、佐々木町長に義援金100万円の目録を贈呈。町長は「地域でも学会の皆さんにお世話になりました。真心の義援金を大切に使わせていただきます」と感謝を述べた。