画像 世界広布新時代第45回本部幹部会の様子(巣鴨の東京戸田記念講堂で)
世界広布新時代第45回本部幹部会の様子
(巣鴨の東京戸田記念講堂で)

2020年1月11日、創価学会創立90周年となる「前進・人材の年」の開幕を祝賀する「世界広布新時代第45回本部幹部会」が、巣鴨の東京戸田記念講堂で開催された。
これには原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長が各部の代表、来日した海外19カ国・地域の同志と出席。
席上、日蓮大聖人御聖誕800年(2022年)慶祝の意義を込め、明年の11月18日を記念して御書全集の新版を発刊することが発表された。
池田大作先生は祝福のメッセージを贈り、この一年を「皆が前進!」「皆が人材!」と悔いなく戦い切って、朗らかに「人間革命」「宿命転換」の功徳の花を満開に咲かせ、共々に「常勝歓喜」の勝ち鬨を上げようと呼び掛けた。