2020年5月14、15の両日、 国連創設75周年を記念する民衆フォーラムがオンラインで行われ、SGI(創価学会インタナショナル)国連事務所と創価学会本部平和運動局の代表が参加した。
これは地球的な課題の解決へ、国連や政府と市民社会の協力の強化を目指し、多様な意見を交換するために開催されたもの。自国中心主義などへの懸念が深まっていることを受け、「人間を中心にした多国間主義」などをテーマに行われた。

ティジャニ・ムハンマド=バンデ第74回国連総会議長は、市民社会と国連の協力深化を一段と加速させ、新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の危機を乗り越えていきたいと語った。
その後、テーマごとの討議がオンラインで行われ、SGI国連事務所と平和運動局の代表も参加した。
また、フォーラムでは、これまでの議論を踏まえた宣言と行動計画が総会議長に提出された。