写真   糸満市の平和祈念公園で「平和の礎」に献花・祈念する様子
「平和の礎」に献花・祈念する様子 (糸満市の平和祈念公園で)

2020年6月23日、沖縄青年部の代表が戦後75年の「慰霊の日」を迎えたこの日、糸満市の平和祈念公園にある記念碑「平和の礎」を訪れ、献花した。沖縄青年平和委員会の砂川委員長、沖縄女性平和文化会議の嘉手納議長を中心に、沖縄戦犠牲者の冥福と世界の平和・安穏を祈念した。

その後、前島沖縄青年部長が「沖縄青年部平和宣言」を発表。学会創立100周年でもある、戦後85年の2030年を目指し、沖縄戦の記憶の継承の取り組みをさらに発展させるとともに、人間革命の哲学を語り広げ、沖縄から恒久平和の潮流を世界に広げていくことを誓った。