写真 贈呈式の様子
贈呈式の様子(広島・熊野町の町立熊野第三小学校で)

広島・熊野町の四つの小学校に7月31日、創価学会からそれぞれ優良図書と書架が贈呈された。今後5年間、毎年、図書が追加で贈られる。
熊野町は、2018年7月に発生した西日本豪雨で土砂崩れなどの甚大な被害に遭った地域。贈呈は、被災地支援の一環として行われたものである。

町立熊野第三小学校での贈呈式では、塩出総広島長が「皆さんお一人お一人が読書に励み、世界で活躍する人材に成長されゆくことを心から念願します」とあいさつ。
和田愛校長は、「感謝を胸に、今日より、さらに本に親しんでいきましょう」と呼び掛けた。
塩出総広島長から児童の代表に目録が手渡されると、瞳を輝かせ、良書との出合いに胸をふくらませた子どもたちから喜びの拍手が送られた。

このほか、熊野第一小学校、同第二小学校、同第四小学校でも、それぞれ贈呈式が行われた。