世界広布新時代第47回本部幹部会の様子(東京・信濃町)
世界広布新時代第47回本部幹部会の様子(東京・信濃町)

2020年11月1日午後、11月18日の創価学会創立90周年を慶祝する「世界広布新時代第47回本部幹部会」が広宣流布大誓堂(東京・信濃町)で開催された。これには、原田会長、長谷川理事長、永石婦人部長が各部の代表と出席。席上、明2021年のテーマ「希望・勝利の年」が発表された。また、青年部が「新・人間革命」世代プロジェクトをスタートすることが紹介された。

池田大作先生は祝賀のメッセージを贈り、どんな試練があろうとも、妙法と共に一切を変毒為薬して、創立100周年へ、大きく強く、賢く明るく、自在に価値を創造しゆく「創価の大心」で進もうと呼び掛けた。幹部会に先立ち、中央会議、参議会、総務会が、総本部でそれぞれ開かれた。