画像 証言会の様子
証言会の様子

青年部が取り組む平和運動「SOKAグローバルアクション2030――青年の行動と連帯の10年」の一環として、東北青年部主催のオンライン証言会が2020年11月15日に行われた。

明年3月で東日本大震災から10年となるに当たり、震災の教訓を風化させることなく後世に伝えていくために開催されたもの。

宮城県石巻市在住の丹野さん(副総県長)が、被災体験を語った。2011年3月11日、丹野さんは、自宅にいた時に親族と共に被災。その後、地域の学会のリーダーとして復興に尽力してきた。

証言会では、避難所生活で池田先生のメッセージや聖教新聞が支えとなったことや、かたし隊や「希望の絆」コンサート、図書贈呈など、学会が取り組んできた活動に言及。こうして語り継いでいくことで、“つらい経験”も、東北から世界に発信していける“財産”に変わっていくとの思いを述べた。

最後に大沼東北青年部長があいさつした。